再び公衆の復元について