逆転した時間に息を継いで

-私たちは転倒しており時間の合理に復帰しなければならないのではないか?-


One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.