関心事と価値観の転倒がもたらす結末を日本人は識らない


「魂が彷徨っている。魂が痛いよ、痛いよ、助けて───と日本人を呼んでいる。しかし社会を消失した社会はなにごともない。なにごともないようにしなければならない沈黙の裏返しのように、違うはなしをし続ける。これは倒錯のなにものでもない」


One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.