U・S・Aにとっての日本

1
2

争点が存在する人間関係、争点が存在する国家関係は、互いが視認できるし、意識する存在でいることができる。だが、そうしたものが一切なく、日本はSUSHIはRamenでU・S・Aの食なら食の世界に当たり前になった。

当たり前になったものは見難い、意識することが務めなければできなくなる。空気のようなという日本語のフレーズで語られる存在だ。ところがそのフレーズが生きていればいいが、あってもなくても構わないとなると、これは一方には失恋を意味することになる。日本はU・S・Aにおいてその意味では成功したくになのだが、その意味で大失敗をしてしまったくにでもあるかも察れない。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.