M2の夏を迎えて

今日8/5に渡邊研の春学期最終発表会を終えました.
そうして,修士2年(Master 2 = M2)の最初の春を終えました.

画像は無関係におととい同期に撮ってもらった写真です.

ちょうどいいので,自分の内面的な変化を簡単にメモしておきます.

M1の時は環境に慣れることや対人関係で消耗していました.ストーカーがいたり身内のことがあったり,いつも快くないパーリーが起きてました.
ちゃんと研究できたのは今年から.
待ちに待った研究生活,やっと来たぞ!という感じです.

研究をしながら,精神的な進化をこつこつ積み重ねてきました.
我ながらありがたさを感じてる進化があって,
それは「評価を自分ですること」
他人は勝手にあーでもないこーでもないと評価してくるんですが
それでも私の価値観で,自分の行動や決定や成果を評価するようになりました.
これ,精神衛生にめっちゃ良い.自分の努力によって,自分の心が癒やされるの.すごい.メンヘラだった昔の私に教えてあげたい.

他にも研究に取り組み続ける「集中力」をちょっとずつ得てきたのかな?と思っています.

自分に足りなかった部分をすこーしずつ補強している日々な気がしています.
今年の努力の結果,目指していた国際学会のデモ発表に採択されました.学会発表に向け,引き続き研究していきます.