よく分からないことへの確信を持ち続けるのは難しい。だからこそ価値が有る。

takahito iguchi
Oct 18 · 2 min read

理解されないこと、

評価されないこと、

褒められないことにこそ価値がある。

誰もが知っていて、誰もが当然素晴らしいと思われている事柄にはあまり価値が無い。

その価値を疑われている。

そもそも存在が認められていない。

大体がバカにすらされている。

そう言う事柄にこそ価値がある。

誰も見向きもせず、今はまだ無価値だと思われていることにこそ価値がある。

誰かがこっそり見つけてくれる。

発見してくれる人が突然現れる。

その場合、もはやその価値の説明を必要としない。

そう言う瞬間がある。有価値という外からのラベリングではなく、その真価を心から理解してくれる人が突然現れる。

自分への確信とは、そう言った瞬間を受け入れる準備があるコトだ。

やみくもな自信とかではなく、自己の辿る、未知の仕事へのコミットが途切れずに継続すること。そう言う道筋への内的な確信がある。

それは他者への確信と相似形に感じる。

    takahito iguchi

    Written by

    Tonchidot & Telepathy & DOKI DOKI!!

    Welcome to a place where words matter. On Medium, smart voices and original ideas take center stage - with no ads in sight. Watch
    Follow all the topics you care about, and we’ll deliver the best stories for you to your homepage and inbox. Explore
    Get unlimited access to the best stories on Medium — and support writers while you’re at it. Just $5/month. Upgrade