Everything Can Be Baymax (Big Hero Six)

何もかもベイマックスになれる?

現在ドキドキで試作中の「Cube」は、まだ本当に初期仮説の検討段階なので、何も見せられるものもありません。下に掲載したテキストはCubeのプロダクトピッチの原稿ですが、まだまだ非常に抽象的です。

これを書いた段階では映画ベイマックス(Big Hero Six)は、まだ見ていませんでしたが、今考えてみると「Cube」では、なんでもかんでもベイマックスにする技術を確立しようとしているように思います。

モノが物語る。魔法のキューブ。

人は多くのモノに囲まれ生きています。本来、モノは、多くの知恵と創意工夫で満たされています。ところが、モノは語る言葉を持たずに、長い間、目の前で沈黙をしたままでした。

キューブ は、モノが人とが語り合える「言葉」を もたらす、ある意味魔法のキューブです。

キューブは、人が、モノの知恵や記憶を引き出したり、そのモノが人を手助けてくれることをとても容易にします。キューブを通じて語り始めたモノたちは、あなたの家族や 友人のように、あなたのことを暖かく見守り、いつでも相談に乗ってくれるのです....そういう世界観を考えています。


ベイマックス予告編

世界中のあらゆるオブジェクトが、まるでベイマックスみたいな暖かく思いやりのある存在になったら、本当に最高だなあ!と思います。

と思っていたら、なんとベイマックスがオスカー(アニメーション)を獲りましたね!素晴らしいです。飛行機内も含めると、もう7回も見ていますが、改めて見直したいと思います!(23rd Feb. Updated)

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.