営業の話

今週1週間、新卒研修ということで営業をやっている。

そもそも自分は就活のときから営業をやりたくないと思っていたのだが、どうしてやりたくないのかそれがはっきりとわかった気がする。

初対面の人と話すのが苦手だとかそういう理由ではなく、もっと本質的なところで。

それは一言で言うと、自分のやりたいことが「顧客に価値を提供したい」ということだったからである。

営業が顧客に価値を提供していないと言っているわけではないが、今回の研修で明らかに相手にとって価値の無いものを売るという経験をした。

それを思い出すとたった数千円ではあるが、自分の中で申し訳ないという気持ちでいっぱいになる。

こういったことに考えを思い巡らすことができたという点では今回の研修はやってよかったのかなと思った。

自分はやりたいことを仕事にできていると実感することもできたし、ユーザーの目線に立って、価値を提供し続けていきたいということを再確認することもできた。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.