「琵琶湖の青空」‐2018年のスタートは雨だったが、気分的には青空でいきたいなと

まずは書いてみること

意識しないでおこうと思っても、新年というものに引っ張られることはあるわけで、少しづつではあるが、書くことを始めようと思った。
Mediumを使うのは初めてなので、まずはそのお試しにこうやって書いている。

自分の書いたものを人に見てもらう、ということは何だか気恥ずかしい気分になる。

相手に渡すものなのだから、完璧なモノでなければならない。
そんな思いもあって、今まで自分の名前で何かを書くということには積極的ではなかった。

ただ、普段様々な人と話をしていて、自分の経験や考えていること、リサーチしたことが人の役に立つかもしれない、と思うこともあったりして。
新しい年というものにも後押しされ、まずは始めてみることにした。

仕事の話や、深掘りしていきたいと思っている「行政×デザイン」の話、生活の中で感じたこと気づき、などを書いていければ。

どうぞ、よろしくお願いします。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.