PowerLedgerとSilicon Valley Powerが電気自動車をモバイルATMに変える試験を実施

ANONY
ANONY
Jun 28 · 4 min read

ハイライト

  • PowerLedgerとサンタクララ市の市営電力会社であるSilicon Valley Powerは、電気自動車に放出される再生可能電力を測定して収益化するためのブロックチェーンベースのソリューションの実装に成功しました。
  • Power Ledgerのブロックチェーンプラットフォームは、低炭素燃料経路の追跡を自動化し、これによりSilicon Valley Powerはカーボンクレジットを通じて再生可能エネルギープラットフォームを収益化できるようになります。
  • Power Ledgerは、Silicon Valley Powerと今後の商業展開について協議しています。

Power LedgerとSilicon Valley Powerは、電気自動車の充電インフラを収益化するブロックチェーントライアルを完了し、トークン化されたカーボンクレジット取引の可能性を生み出しました。

Power Ledgerのブロックチェーンプラットフォームは、ソーラーパネルと電気自動車の充電インフラストラクチャからの低炭素燃料基準(LCFS)クレジットの生成及びクレジット取引を追跡・管理するために試行されました。

LCFSはCalifornia Air Resources Boardによって管理されており、排出量を相殺するためにカーボンクレジットを購入するために、設定された炭素原単位で燃料を輸入または製造する企業に義務付けられています。現在、このデータはスプレッドシートにまとめられており、四半期ごとに調整されています。

PowerLedgerの共同創設者であるDr.Jemma Greenは以下のように述べています。

「これは先駆的なプロジェクトです。Power LedgerとSilicon Valley Powerは、カーボンクレジットの測定、報告、検証のためのブロックチェーンソリューションのテンプレートを確立しました。検証には数ヶ月かかることが多い手動の回収プロセスに代わるものです。将来的には、これは電気自動車の所有者が自身の車からマネタイズできる可能性があることを示唆します。」

この試験は、カリフォルニア州サンタクララのTasman Drive駐車場で行われました。そこでは、Power Ledgerのブロックチェーンプラットフォームが370kWのソーラーシステムと49台の電気自動車充電ステーションにリンクされていました。

Tasmanインフラストラクチャから生成された太陽と充電のデータは、ブロックチェーンプラットフォーム上でスマートコントラクトとして記録され、その後デジタル化されたLCFS証明書が作成されます。

証明書にはリアルタイムで計算された情報の暗号化ハッシュが含まれていて、それがSilicon Valley Powerのウォレットに送られ、Silicon Valley Powerが電気自動車の充電インフラを収益化できるようになりました。

Dr.Jemma Greenは以下のようにも述べます。

「Power LedgerとSilicon Valley Powerは、LCFSクレジットをトークン化して取引するためのデジタル取引所で流通市場を構築するための潜在的なユースケースを示しています。ブロックチェーン技術は分散型の市場を生み出し、カーボンクレジットを含む資産交換のためのより効率的で透明性の高い方法を可能にします。」

Power LedgerとSilicon Valley Powerは現在、商用展開に関して議論中です。

電気自動車は世界で最も急成長している自動車販売部門であり、2018年には売上が73%増加し、TeslaのModel 3 Sedansが最大の販売者となりました。

Welcome to a place where words matter. On Medium, smart voices and original ideas take center stage - with no ads in sight. Watch
Follow all the topics you care about, and we’ll deliver the best stories for you to your homepage and inbox. Explore
Get unlimited access to the best stories on Medium — and support writers while you’re at it. Just $5/month. Upgrade