ブランドを守るとは、

Photo & Works by Hitomi Maruyama

ブランドとは顧客との約束。

そんな大事なブランドが、

他人に真似されたり、勝手に使われたりしたら、どういうことになるでしょう。

あなたの商品やサービスを信頼してお付き合いいただいているお客様にあなたの商品やサービスと偽ものとを間違って購入させ、失望させることになりませんか。

現に、自分のWEBサイトで商標登録をしないで使用していたマークや特徴ある商品が他人に勝手に使われていたというケースは珍しくありません。

裁判で相手の行為を差し止めるにはエネルギーも費用もかかります。

でも、ブランドを守るというのはそれくらいの覚悟が必要なのです。ブランドとは顧客との約束なのですから。

転ばぬ先の杖は?

大事なブランドは商標登録や意匠登録を検討されたらいかがでしょう。貴方に法律で認められた権利があれば、訴訟になっても有利です。

商標法、意匠法、不正競争防止法のプロである弁理士が親身になって対応いたします。

侵害されても泣き寝入りする必要はありません。訴訟対応も検討いたします。

ご不明な点があれば、遠慮なくご相談ください。