戦略ストーリーとは

丸山修
丸山修
Nov 7, 2016 · 2 min read

競争戦略

完全競争からは利益を生みません。完全競争から脱し、競争優位を構築する戦略が競争戦略です。

Porter(1980)は、業界の競争構造に着目し、他者と違ったユニークな存在であることが利益へのカギであり、ユニークさとは企業のポジショニング(SP: Strategic Positioning)の確立に競争優位を求めます。

これに対し、経営資源からその企業に固有の強みや弱みを考える立場は、価値があり容易に模倣されない経営資源が競争力の源泉であるとし、組織能力(OC: Organizational Capability)の確立が重要であるとする。

戦略ストーリー

これらの見解を踏まえて楠木建(一橋大学教授)(2010)は、戦略として打ち出される個々の打ち手の論理的なつながりに着目し、戦略を構成する要素は競合他社との「違い」であり、SPやOCに基づく「違い」を因果論理で結ぶ「ストーリー」が業界の競争構造、ポジショニング、組織能力に続く第4の利益の源泉であるとします。

この「優れた戦略ストーリー」こそが、他者の模倣を困難にし、持続的な競争優位を可能にするのです。

競争優位を維持する困難さ

現代は、一つの優れた技術で競合に対し持続的な競争優位を維持することは困難です。

戦略ストーリー」は、打ち手自体は競合と同じであったとしても競争優位を構築できる可能性を示唆します。新規技術で持続的な競争優位を維持することが困難な現代において魅力的な理論といえます。

では、どうしたら「戦略ストーリー」を自らの事業に当てはめて「優れた戦略ストーリー」を構築できるのか?

その手法を提案します。

どうぞお気軽にお問い合わせください。

    丸山修

    Written by

    丸山修

    Welcome to a place where words matter. On Medium, smart voices and original ideas take center stage - with no ads in sight. Watch
    Follow all the topics you care about, and we’ll deliver the best stories for you to your homepage and inbox. Explore
    Get unlimited access to the best stories on Medium — and support writers while you’re at it. Just $5/month. Upgrade