Image for post
Image for post
Works & Photo by Hitomi Maruyama

特徴のある物や画面のデザインは、人々の記憶に残りやすい。

優れたデザインの物やサービスが顧客の信頼を得るとブランドとなり、さらに価値が高まります。

一方、デザインは流行の移り変わりが早く、優れたデザインは真似して、てっとり早く儲けようとするビジネスが絶えません。

開発に時間とお金をかけたデザインは、しっかり守る必要があります。意匠登録で権利化する方法が一番ポピュラーです。

秘密意匠制度を利用してプロモーションの時期と合わせることもできます。

デザインは、意匠法以外にも、著作権法、不正競争防止法で守ることができます。

でも、意匠権として権利化しておく方法が一番守りやすいでしょう。

最近は、椅子などの工業製品にも著作権の保護が及ぶとする判例が現れ、自社製品が突然、著作権侵害で訴えられるリスクも生じています。意匠権を取得することで著作権侵害の訴訟を完全に防げるわけではないですが、真似していないという事実の認定に有利に働くと考えられます。

また、デザインは特許権と比べて外観上分かりやすいため、水際対策などの行政による取り締まりには有効です。特許製品が特徴ある外観を有している場合は、特許権とともに意匠権を取得しておくことも検討してよいでしょう。

さらに、海外での模倣品対策も意匠権を取得しておくとその国の行政官に取り締まりを要請する際に、対策を取ってもらいやすいです。

Written by

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store