Kindle WhitePaper 2015を買いました

数年前に楽天がKoboを買収した時、電子書籍の時代が来ると期待してKoboを買ったものの、描画速度やタッチの品質が低かったこともあり、すぐホコリを被ってしまいました。検索するとTOPに出てくるKoboストアは海外向けで、楽天Koboストアにパッといけない面倒な点もあわせてネガティブなイメージしかありませんでした。

その後、ポイント還元やサイトのデザインがよく出来ていたのでスマホでSONYのReaderアプリを使い読んでいたのですが、電子書籍サイトが次々と終了するようなラッシュが去年あって、海外のReaderストアが終了したあたりで、AmazonのKindleに乗り換えました。もともと買い物にAmazonを使っていたので過去の資産は消えましたけど乗り換えは簡単でした。

今回購入した新型は、フロントライト搭載(ディスプレイ自体が発光するので目が痛くならない)、解像度がハイエンドのKindleVoyage並になったコスパ最強の決定版です。

光量MAXでも目が痛くない

今年の初めに前世代の実機を見て解像度が低いと思っていたのでこのアップデートは本当にありがたいです。

使った感想としては、苦にならない描画速度、綺麗な解像度に満足しています。ストアも最適化されていて、PCやスマホで見るよりサクサク表示されます。

ただ失敗したのは、裸で使っていてスマホを画面に落としたら5mmくらいの傷が付きました。その部分だけフロントライトが明るいので、光量を上げると目立ちます。結構デリケートなので保護フィルムは必須だと思いました。

”た”の上に傷がある。肉眼だとはっきり見える。

Xperia Z3 Compact Tabletより軽く、飛行機での移動が楽になりました。文庫本と同じくらいかそれより軽いかも。

毎年買い換えたくなりそうな、非常に良い品質の端末です。

あと補足としては、広告付きの安いバージョンではこんな感じにスリープ状態の時に広告が表示されます。

好きじゃない著者やタイトルが表示される可能性を考慮すると、広告無しの方が幸せになれるかも。

2〜3日に一度Wifiに繋がる環境であれば3Gは不要です。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.