世界で活躍する人は、どんな戦略思考をしているのか?

IGPIの塩野さんの書かれた本ということで、読んでみたら、今までの本の中で一番熱を感じられる内容で面白かった。対象読者も思い切り限っていて、気持ちが良い。以下、共感した部分を引用。

特定の企業の中で通用する知識やスキルではなく、横移動が可能な汎用的な知識やスキルによって仕事をしたい人

プロフェッショナルにとって重要なのは時間と経験

大きな組織の20代ではそうそう重要な仕事をさせてもらうことは難しいので、自ら経験を積める場所を選択していかないと何も知らずに老いてしまいます。20代での数百万円の年収の差は誤差の範囲です。経験を買いまくるつもりで、迷ったら困難なほうを選ぶべきです。若い頃の時間は中年の時間より貴重です。
あなたの時間が貴重なのと同様に他人の時間は貴重です。クリエイターやプロフェッショナルと過ごす時間はアイディアをもらえたrい、議論によって自分の考えを深めることができたりします。あなたがそうした時間をもらった時には、感謝をすると同時に何かで「お返し」できるようにしましょう。一方で、自分が未熟なうちは「ギブ、ギブ、ギブ、テイク」くらいで他人にアイディアを渡しましょう。人にあげたアイディアはまわりまわってあなたの財産となります。

リーダーのコミュニケーションとは?

リーダーのコミュニケーションとは、「自分に対しても、その行動にポジティブな意味づけができる」「自分にも他人にも未来志向で、他人に今より良い状況をイメージさせられる」ことです。

分析の基本とマネジメント

分析の基本は、「定義して、測定せよ」であり、マネジメントをシンプルに言えば、「定義して、測定し、改善せよ」ということになります。