被災者や幸い直接は被害を受けなかった地域住民の為に使われてこそ、活きるというものではないでしょうか。
財源がない??
Shin Myc
11

まったくその通りですね。

例えば、熊本市でいえば、旧交通センターを取り壊し、新商業地域を造ることになっていますが、そういった大規模な都市再開発を後回しにするか、大幅に予算を削減するかなどのやり繰りで賄えると思います(昨年の市長選でも焦点になりましたが、新しい商業施設に市が膨大な予算を割くことには批判も多いのです)。

政治とは畢竟(ひっきょう)予算の分配、それこそ乱暴に表現すれば「金の使い道」です。が、私はMediumでは政治的な言及を慎むと決めておりますので、そこには踏みこみません。元記事の冒頭に示した「熊本城サグラダファミリア計画」への賛同は、城の再建など後回しでもよいのではないか、という思いがあってのことです。

ともあれ、

地域住民にとって何を一番に解決すべき問題かを考えた場合、自ずと解は導かれるものではないでしょうか。鰯

Like what you read? Give 岩下 啓亮 a round of applause.

From a quick cheer to a standing ovation, clap to show how much you enjoyed this story.