意図を曲解されてしまうことを何より恐れている。
書けないということを
じーに
144

私もしょっちゅうそれを痛感してます。

Like what you read? Give 岩下 啓亮 a round of applause.

From a quick cheer to a standing ovation, clap to show how much you enjoyed this story.