Image for post
Image for post

この度、お試し版『プレJam』と題し、プレ会員を募集します!!!

【プレJamとは?】

プレJamは、『Jamを早く利用してみたい』という方に、Jamを正式開港する前にプレオープンという形でご利用いただけるというものです。

今回募集するプレ会員は、人数限定年間パスポート無料(2018年12月31日まで)でご参加いただけます。但し、水道光熱費の維持費として、通常通り1日停泊につき500円/人 かかりますのでご了承ください。(※18歳以下の未成年者は無料 会員同伴必須)

プレJamで、皆さんとワイワイやりながら、一緒に新しい暮らしのカタチ シェアポートJamを作っていきましょう。

【参加するにあたって】

プレJamを行う目的は色々ありますが、Jamはその仕組み上、会員の皆様によって維持ができ、また、会員数が増えれば増えるほど、港Jamの数も増やしていけます。と言うことは、Jamの数が増えれば、『あっちのJam、こっちのJam』と移動もでき、より暮らしを楽しむことができるわけです。
そこで、今回年間パスポート無料でご参加いただく代わりに、ひとつ広報的な部分でのご協力をお願いしようと思いました。と言っても特に決め事はございません。ただ、SNS等での情報発信や新規会員の紹介などしていただければ、港拡大につながりますので、ぜひ、皆様にはアンバサダー的な立場で、ご協力いただければ幸いです。その旨ご理解の上ご参加ください。

【第1号となるJamはどこにあるのか?】

今回第1号となる港:Jamは、長野県の飯綱高原にある、およそ100坪程の土地。飯綱高原は、首都圏から車で約3時間半(場所にもよるが)で行けるわりと小さなリゾート地です。
1998年長野冬季オリンピックでモーグルの会場にもなった場所で、周辺には、スキー場(複数)はもちろん、登山、アスレチックや湖、BMX/MB の bike コ ースなどがあり、近くには蕎麦で有名な戸隠、忍者村、そして、ワイナリーがあるなど、 有名リゾートとはまた違った穴場的リゾートです。

現在、このIizuna Jamには、ふるーい母屋が建っているだけ。後は伸び放題の草と木々。25年近く誰にも使われず放置されていました。

Image for post
Image for post
Image for post
Image for post

ゲストルームはまだないので、最初はテントやキャンピングカーでの停泊からスタートです。今回Iizuna Jamは、高原の中で自然と共存していることを味わいながら、訪れる人の感覚、 感性を刺激するユニークな空間をつくる予定。こんなほぼゼロの状態から作り上げていくというのも、なかなかできる体験ではありません。みんなでつくった心地のいいJamで、美味い食事にお酒を飲みながらワイワイやりたいと思います。(Iizuna Jamの画像やイメージ図はホワイトペーパーをご覧ください)
詳しい住所等は、プレ会員の登録者のみお伝えします。

【参加方法】

参加希望者は、Jamグループ(Facebook非公開グループ)にて、『グループに参加』ボタンをクリックいただくか、FacebookページJamのDMに『プレJam参加希望』とお書きの上お送りください。返信DMが届かない場合は最新記事のコメント欄まで。その後、Facebook 非公開グループにご招待します。プレ会員の皆様との連絡事項・情報交換は、この非公開グループで行っていきます。

プレJam参加希望者は、ここをクリック!

※プレ会員数には限りがございます。先着順でご招待します。
※他会員様への迷惑行為や誹謗中傷等、マナーが守れない方は、強制退会させて頂く場合がございますので、予めご了承下さい。

以上

Facebook : https://facebook.com/jam.shareport
Twitter : https://twitter.com/Jam_netw
WEB : https://actionforkidsassociation.net


Image for post
Image for post

今回は、実際にシェアポートJamの会員になると、どのようにJamを利用できるのか、その使用例(イメージ)をお伝えしたいと思います。

ここでは、都心・海・高原の3ヵ所にJamがあると仮定してお話します。

例 1:会社員 A さん
A さんは、地方都市に住んでいる。 週末、パーティがあるため都内へ行き、宿泊場所として都心の Jam に停泊する。 次の週末、家族で海へ遊びに行き、海のポートに停泊する。ここでは、ゲストルームは使わず、テントを張りキャンプをする。もちろん、敷地内には、バス・トイレ・キッチンは 備わっている。他にも 3 組のファミリーが来ていて、いつの間にか、子供たちはみんなで 遊び、大人たちも酒をかわし語り合った。

例 2:事業家 B さん
B さんは、基本自宅で仕事をしているが、たまに気分を変えるため、昼間都心のポートへ行 き、仕事をして夕方自宅に帰る。夏の間、涼しい高原と海で仕事をしようと、まずは 2 週 間高原のポートに停泊。高原での暮らしは、小鳥のさえずりで目が覚め、午前中に仕事を 終わらせ、午後は趣味の自転車やトレッキングを楽しむ。夕方 Jam に戻り、その日来た会 員たちと話をしたり食事をし、そして、星空の下、野外シネマを楽しんだ。次の 1 週間、 今度は海のポートに停泊。海のポートでは、母屋の壁塗りとデッキの修理が行われるため、 それに参加する。

例 3:フリーランサーC さん
C さんは、フリーのヨガインストラクター。パーソナルレッスンを主に行っている。今回、 ヨガ in Forest を企画し、会員に声をかけたところ、10 名の参加者が集まったので、1 泊 2 日で高原の Jam で開催する。また、C さんは旅が趣味。連休には、所有のキャンピングカ ー(モーターホーム)でロードトリップに出かける。これまでは、車中泊をする時は、基本道の駅を利用していた。道の駅は、トイレはあるがバスは基本ない。また、不特定多数 の人が来るので、夜中は危険も伴う。しかし、今は海や高原の Jam に停泊し、ロードトリ ップを楽しむことができる。

簡単なイメージではありますが、Jam が多拠点居住地でありコミュニティプレイスであるとい うことがご理解いただけると思います。

Jam の会員になり複数の居住地を持つと、いま現在ご自身が住んでいる賃貸住宅や持ち家 もまた、見方を変えれば、多拠点居住地の 1 つとして捉えることができます。すると、現在 の家も含めて、目的やあるいは気分、さらに、時間や日、週や月単位で、自分にとって最良の場所を選んで暮らすことが可能になる。仕事がある時は、職場へ行くのに最適な居住 地を、海で遊ぶ時は、海に近い居住地を使うというような感じです。

この環境を作り上げるために、今後とも皆様のお力添えが必要です。引き続き皆様のサポートをよろしくお願いいたします。
また、直接皆様とコミュニケーションがとれ、より様々な可能性や改良点について対話していければと考え、facebookにて『Jamグループ』を立ち上げました。ご意見ご感想がございましたら、ぜひJamグループにてお声がけいただければ幸いです。

では次回!

WEB : https://actionforkidsassociation.net
facbook : https://facebook.com/jam.shareport
Facebook : Jamグループ
Twitter : https://twitter.com/Jam_netw


Image for post
Image for post

前回、シェアポートJamを利用するメリットについてお伝えしました。

Jamの会員になるだけで、いつでもJamを利用できるわけですが、ポートとなるJamを増やし維持していくために重要なことが1つあります。それは、会員みんながスタッフでありゲストであるということです。これをJamでは『ALL-STAFF ALL-GUEST』と言います。

Jamは、そもそも空き家・空き土地を利用するため、多かれ少なかれ修繕、改良などが必要となります。シェアポートとは、利用する人たちみんなで維持していくシステムなので、ご自身の自宅と同じように、修繕の必要があれば自分たちで行い、また、必要なものがあれば自分たちで用意します。
こうした部分が、ホテルやairbnb、あるいはキャンプ場といった最初からきれいに整えられていて、一方からサービスを提供されるような宿泊施設や場所との大きな違いです。自分たちで環境を整え、自分たちで楽しむ、それがJamでありオールスタッフ・オールゲストなのです。

壁の塗り替え、デッキの作製、床の張替えや水回り、はたまた家の解体などなど、それぞれの港:Jamによっても違いますが、あまり普段やることのない部分もみんなで修繕していく、そんな体験もJamの遊びであり楽しみ方の1つでもあります。

そんな『利用するみんなで維持していく、多拠点居住地の役割を兼ねそろえたコミュニティプレイス』Jamについて、もっと詳しいことを知りたい方は、ぜひホワイトペーパーをお読みください。また『面白そう』と興味を持っていただけましたら、Jamのfacebooktwitter、もしくはmediumでのフォローをお願いいたします。我々Jamは、いつでも皆さまからのご質問とうをお待ちしております。

では次回!

web : https://actionforkidsassociation.net
facebook : https://facebook.com/jam.shareport
twitter : https://twitter.com/Jam_netw

About

Jam

A system of new living where everyone can have multiple dwellings and community place. Jam will change the way living. https://actionforkidsassociation.net