OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II 動画の手ぶれ補正 でのクロップについて

手ぶれ補正OFFのときに比較するとだいたい85%くらいに上下左右が狭くなる感じでした。

オリンパスからまもなく発売のフラッグシップ機 OM-D E-M1 Mark II を借りて試用しております。

ただし動画の場合はクロップされる(画角がちょっと狭くなる)場合があります。以下は撮影した動画から抜き出した静止画像です。

こちら手ぶれ補正OFFのとき(クロップなし)

そして手ぶれ補正「M-IS 1」 センサーシフト式+電子式 のとき(クロップあり)

けっこう違ってるでしょ? 
上のふたつの画像を重ね合わせてみると、だいたい85%くらいのサイズにクロップされることがわかりました。まあほとんど別の焦点距離といってもいいのかもしれません。

こんなにクロップされていた!

動画の手ぶれ補正モードは2つありまして、「M-IS 2センサーシフト式のみ であればクロップは発生しません。上のYouTube動画でもご確認いただけます。

使用したレンズは、OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PROという、フルサイズに換算すると50mm相当になる標準レンズです。


Originally published at gajetdaisuke.com.

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.