頭のよさとは難しいものだ。

教えたことはすぐ覚える人がいたので、できる人なのかなと思っていたら、それ以上のこととなるとまったくダメらしい。

今どんな状況なのか、スムーズに進めるためにはどこから片付けていけばいいのか、というような応用問題になるとまるで動けなくなる。

基本はできるが、応用になるとできない。

その場で自分がどういう役割を担っているか、それがわからなければどこまでが自分の仕事で、逆にどの仕事はしなくていいのかの判断もできないだろう。

もちろんできる人ばかりが集まればビートルズのようにすぐ解散、というようなことになるので、言われたことだけするような人間も世の中には必要なのだろう。しかしこれからの時代、長い目で見ればそういう人は自動化の波に淘汰されてしまう。

ミクロの視点、マクロの視点を持つことを問われる時代だ。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.