「都合のいいアイツ」

おかずのストックがたまりすぎて、ジャンルがバラバラになってしまった夜ごはん。

野菜たっぷりのミネストローネ。バンコクで買った怪しい調味料に漬け込んだ豚肉のソテー。昨日魚の特売で買ったあじで作ったなめろう。

こんな時はビールである。

ビールはどんな料理にも合う。人間でいうなら、誰とでも仲良くできる、困ったらまず頼ってみたくなる、そんな存在。飲み会における「とりあえずビール」の風潮も、今ではちょっと頷ける。少なくとも、これが「とりあえずワイン。ピノノワールで」じゃなくて本当によかった。あいつは気難しいからな。

そんな酔っ払いの痴れ言を、お酒の飲めない妻に言うと怒られるので、ここに書いておく。

Like what you read? Give jorinko a round of applause.

From a quick cheer to a standing ovation, clap to show how much you enjoyed this story.