なんかそんな感じ文章をどこかで読んでニンマリしてしまった。わかるような気がするんですよね。言い得て妙といいますかなんと言いますか。

今はちょっと違うかもしれませんね。村上春樹はブルーボトルコーヒーですね。

村上春樹から連想する西海岸なイメージは無いですが、意識の高さは近いものを感じます。

ブルーボトル日本開店おめでとう。西海岸で飲む、いつもの味。僕にとって新鮮みがないことが、成功の証だと思う。 #coffeecount http://bit.ly/1Qyb9DA http://pic.twitter.com/KUqf1CGYdp
— Taro Matsumura 松村太郎 (@taromatsumura) 2015, 2月 6

スターバックスもドトールも好きです。それぞれの良さがあっていいと思います。

本日のコーヒーを比べると自分の中では圧倒的にドトールが美味しいと思うし。

ということで今は伊坂幸太郎を読んでます。とっても面白い。伊坂作品を読むと仙台に行ってみたいなと思わせますよね。それとサザエさんの伊佐坂先生を思い出しますよね。

なんとなく、今夜、本屋さんに行ってみようと思う。

それと行ったことないけど、ブルーボトルコーヒーに行ってみようと思った。

ラッシュライフ (新潮文庫)

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 (文春文庫)

 via WordPress http://bit.ly/1KBENlb

Show your support

Clapping shows how much you appreciated junichi osawa’s story.