自分たちにしかわからない言葉で話す人たち

うちの会社は多くの部署が社内の人間との調整、ということが多いのだが、それでも自分たちにしか通じない部署名で名乗る人たちが多くて気持ち悪い。グロースの××ですとか、獲得の〇〇です、とか。なにをグロースしてるか獲得してるか知らんし。

似たようなことを社外でも経験したんだけど、場所は意外にもコンビニ。

レジをお願いした50代ぐらいのおじさんの名札には「新店長」とあった。

新とか、旧店長知らんし!長年店長になりたかったけど全然出世できなくて積年の思いでやっと店長になった、新店長です!とかそんな背景がもしあってもこっちには関係ないし!とかモヤモヤしてた。

レジを終えて袋を受け取り、去り際にもう一度よく名札を見ると・・・

「副店長」だった。

どっちにしろ知らんし!

Show your support

Clapping shows how much you appreciated Junichi Miyazaki’s story.