161120市場城跡と雲海

昨日は雨模様で、夜になると雨が上がって気温が少し下がった。これは雲海見えるかもと思い、日の出時刻に近くの市場城跡へ。

駐車場は雲の中。本丸跡まで歩くと、山並みの雲海の中からご来光が見え始めたところだった。

雲海の手前には、四季桜と紅く染まったモミジ。

里山暮しにはこんな風景が日常だ。

そして何より感心するのは、四季桜もモミジも先人達が植えたもの。

里山暮しは一見、不便で寂しいイメージがあるが、こうやって美しさを手作りし、豊かさを生み出してきた。ここに移り住んだ自分たちには、どんな風景が残せるのだろうか。自然と人との繋がりを感じる朝の景色だった。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.