イベントまで時間がないのに人が足りていない時の集客方法

考えてみました。

その結果出た答えは”どこで引っかかってるかを聞くアンケート”

あまりやってる人は見かけたことないのですが有効じゃないかなーって思います。


結構色んなイベントにお客さんとして参加している中で、自分も参考にしたいなと思う集客方法のひとつはSNS等でのしつこいくらいの再告知。

「残り◯席です!お早めに!」

「〜まであと△日!女性積極募集中!」

みたいなやつ。

興味がない人には嫌がられる可能性があるけど少し気になってる人には「そんなにお前さんが言うなら」「急に予定が空いた時に楽しそうなの見っけ」などでよし参加してみっかという気持ちになりやすいです。

でもこの方法、諸刃の剣で極端にやり過ぎると「あれ?このイベント人集まらないの?やばいの?面白くないの?」ともなります。

予定が空けば行こうかなくらいに思っていた人にとってはやり過ぎると逆に不安になりそうです。


なのでこれをやり過ぎるくらいなら先ほどの”あなたはどこが気になって参加してくれないの?それを聞かせてよ。ねぇねぇっ!なアンケート”かなと。名前変わってるけど気にしない。

そしたらお客さんも

ドリンク一杯無料って書いてあるけど何が出るの?

とか

運営側の人はどんな人が何人来るの?

とか

イベントで出会った人と二次会やれる場所は近くにあるの?

とか何でもいいんだけどお客さんがイベント参加に際して引っかかってるところを聞けてそれに対応すれば来てくれる率は上がると思います。

いや自分で調べろや。とか行ったらわかるやん。という気持ちは分かりますが、

お客さんは今ある情報だけでは参加したいと思えていないので、ほんの少しお客さんの気になるところを引き出して解決してあげるように働きかければ来てくれる人は増えると思います。

多分そういうのを伝えたいお客さんも多いんじゃないかな。勘ですが。

方法はメンションでもDMでもアプリでも何でも良いと思います。アンケートに答えてくれた人を無理やり引きづり込むようなことをしなければ。

最後に

でも「うちらはシュッとしてる感を大事にしてるんだぜっ」ていうのもありだと思います。

その団体独自の情報の出し方でそれだけを見てそこに集まるコアなファン同士の会話とか、面白そうですからね。

自分も含めて私塾的なものが乱立している今、集客方法をきちんと考えないとね。

3/100でした!ではでは!

増尾(@junmasuo

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.