インドに関する読書会に参加してきました。

こちらにも書いたのですが友人がインドに一カ月ほど行っていたのでインドに少し興味がわき、インドに関する本をブックオフにてゲット(108円)して読書会に参加してきました。

会に参加する前に得たかった答えは明確には得られませんでしたが、インドの知らない世界が本を通じて感じ取れたので振り返りを記しておきます。


今回の読書会のテーマ:インドに関する本と向き合う

参加者:主催者のYukonさん、エンジニアの男性Hさん、増尾の3名

読んだ本:

アジアの沈没地(Yukonさん)

南インドカルチャー見聞録(Hさん)

本当はどうなの?これからのインド(増尾)

スタートの情報はこのような感じで始まりました。

「まず最初にインドについてのイメージを書き出してみましょう」

とのことで2分間思いつく限り紙に書き出してみました。

わたしは昔授業で習ったカースト制度やヒンドゥー教のこと、食べ物としても身近なカレーやジョジョのイメージで牛や汚いといったイメージを書き出す結果となりました。

またインドでは九×九ではなくて九九×九九を小さい頃から教えられているとテレビで見た記憶があったので書いてみました。

それぞれが書いたインドのイメージを3人で共有し、次に今日の読書会を通じて何を持ち帰りたいかを発表し合いました。

この会に参加する前は、10年前に書かれたインドのこれからその10年後である今のインドにどのような違いがあるかなぁというのが気になっていたのでそれを知ることにしても良かったのですが、

インドのイメージを書き出したところで自分がインドに対してあまり良いイメージを持てていないように感じたので、もう少し興味を持つためにもインドのポジティブな面を持ち帰りたいとしてみました。

(字に力のないことよ。。)

ここから速読法を用いて本を読んでいきました。本の紹介をざっとすると

アジアの沈没地はインドを始めタイやラオスなどのアジアの隠れた”沈没”出来る場所を紹介している本です。

地球の歩き方には載っていないような格安の宿であったり食事が出来るところが書いてあります。

南インドカルチャー見聞録はデリーなどの”わたし達がイメージしがちなインド”である北インドではなく、日本でこれまであまり紹介されてこなかった南インドに着目した本です。

ほどよい田舎感のある南インドの料理や文化、娯楽などが紹介されており、アジアの沈没地にも少しつながりそうなところがありました。

本当はどうなの?これからのインドは経済、ビジネス、政治、外交、社会、文化の視点から今(10年前)のインドを解説し、これからのインドについて考えている本です。

インド人がIT分野に強い理由や人口増が見込める一方で生じるデメリットなどもわかりやすく書かれています。

このような本たちでした。当たり前ですが同じインドに関する本でもテーマが違うと全く異なる本ですね。

3つの本がどのような本か分かった後、質問や討論を交えながらより本を深掘りしていきました。

全て書くと長くなり過ぎるのでその中でわたしが知らなくて勉強になったなぁと思うところを書き連ねると

  • インドでは片手で20まで数えられること(日本では5までなので表現力の差が単純に4倍である)
  • 多宗教、多民族、多言語、多文化という「多」がつく社会ゆえに物事をハッキリさせる国民性が残ったこと
  • ゆえにカースト制はなくなりにくかったり、1と0の世界であるITに強い特徴がインド人にあったりする
  • 優秀な人はキャリアや報酬を求めてアメリカや日本に渡ったが、インドでもそれらが得られる社会になってきたため国外に出る必要がなくなってきたこと
  • インドでは方言があり過ぎてインド人もわからないので出身が異なる人同士では英語で話すことが普通なこと

などなど。

少し堅い学びになってしまいましたがインドに対する興味は出てきて、もう少しこれらの本を読み深めてみようかと思いました。

また南インドは北インドのような観光客慣れした人達が多いわけではないちょうどよい田舎があるようなので(料理も美味しそう)、いつか訪れてみたいというインドに対するポジティブな気持ちも持ち帰ることも出来ました。

駆け足でしたが振り返りは以上です。


その後無性にインド料理が食べたくなったので渋谷のシブマハールというインド料理屋に行きました。

なんとなく渋谷のランチでインド料理ってもっと高いイメージがあったのですが意外と安い?のかなと感じました。

わたしはマトンとバターチキンを頼み、

ナンが食べ放題だったのでひとつおかわりを頼んだら

ナン3枚くらいを細かく切ってボールに詰め込んだやつが出てきました。

インド。仕事などではあまり関わることはなさそうですが独特な文化で面白そうな国なのでこれからもアンテナを張っておこうと思います。

14/100。長め。ではでは。

増尾(@junmasuo

Show your support

Clapping shows how much you appreciated 増尾’s story.