花粉は物理的に倒す

どれだけ科学技術が進歩したとはいえ、花粉症の攻略法は物理的に花粉に対応していくことが一番かなと思う今日この頃です。

鼻に侵入してくる花粉にはマスクを2枚用意し、濡れティッシュを挟んで装着することでシャットアウト。

”マスク/濡れティッシュ/マスク”という感じで外側のマスクを貫いて侵入してきた花粉を濡れティッシュが吸着してくれます。

目に侵入してくる花粉には1時間ごとにアイボンのような洗浄液で眼球をバシャバシャ洗うことによってご退室いただく。

ひどいかゆみが発症する前に花粉を洗い流します。

これがわたしがたどり着いた花粉症と闘う手段。

他の手段も検討しましたが

飲み薬は効き目が弱く数時間で効果が切れるし(約◯時間って実際いつ効果切れるん…という感じもあります)

塗り薬はどういう原理で花粉の侵入を防げてるのか謎なイラストで信用出来ないし

ステロイド注射は自分の倫理観、信条的にやりたくない

などで2017年なのに特に画期的な対応策はなく物理的に闘うことにしました。

花粉を侵入させない。

花粉が侵入したら即排除する。

それだけ。

ちなみに”マスク/濡れティッシュ/マスク”のもう一つのいいところは寝る時などで鼻が詰まって口呼吸になってしまっても乾燥してノドを痛めるということが起こりにくいです。

もっと画期的でいい方法があったら教えていただきたいです。

あっティッシュ丸めて鼻に詰めるのは体外に排出したい鼻水とかを鼻の中に留めてしまうから良くないらしいですよ!

6/100でしたっではでは!

増尾(@junmasuo

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.