GIFTED ACADEMYのあり方

組織の形態には二種類ある。

ゲマインシャフトとゲゼルシャフトだ。

  • ゲマインシャフトは家族的な共同体、自然的、打算抜き
  • ゲゼルシャフトは目的志向型の機能的組織、利益社会

GIFTED AGENTでは「偏りを活かせる社会を創る」ために、機能的ではない共同体を創る取り組みをしている。

GIFTED COMMONS
http://www.gifted.vc/

しかし共同体を創るための機能的組織というものが、どうしても発生してしまう。

ここでGIFTED COMMONSの組織の整理したい。

機能的組織:gifted agent, gifted creative, lab
共同体組織:gifted academy, gifted home

共同体組織に求められること:社会関係資本、居場所、特性理解、共感
機能的組織に求められること:金融資本(信用)、合理性、効率性、生産性、自立、自律、価値創造

難しいのはgifted academyが自立と自律を目指す場であるということだ。

機能的な組織を目指すのであれば共感以上に、合理性を優先しなければならない。

しかしgifted academyに対して期待することが「偏りを活かせる」であり、そもそも職業的な自立・自律以前に関係性や居場所性を求めているということもある。

共感経済を創るための自律、自立を目指す組織は機能的であるべきなのか、それとも共同体的であるべきなのか。

どちらを優先するか、それが今の問いだ。

Like what you read? Give Junshin a round of applause.

From a quick cheer to a standing ovation, clap to show how much you enjoyed this story.