全部Perlが教えてくれたこと

というタイトルで YAPC::Okinawa 2018 ONNASONにてトークしてきました。関係者の多大な貢献によってあのYAPCが沖縄で開催され、またそのタイミングでトークが採択されてお話する機会を頂いたこと、とても嬉しく思います(^^)

朝から降り続いた雷雨

とてもいい天気(雷雨)から始まったイベントでしたが、夕日が出る頃には雨も上がり、県外からお越しいただいた皆様にとっても素敵なエンディングになったのではないかと思います。

最近Perl全く書いてないんですが、まあまあPerlに言及している資料はこちら(slideshareに何回ファイルをアップしようとしてもエラーで上手く行かないので、speakerdeckに引越しすることは確定っぽいですね、、、)。

歴史に言及するとご多分に漏れずパワーワード「インターネット老人会?」みたいな言われ方をしましたがテーマはそこではなく(笑)、自分の20数年のエンジニアキャリアにおけるオープンソースとコミュニティへの感謝の気持ちをストレートに表現してみました。会場では学生と社会人とが半々くらいだったので、きっと伝えたいメッセージは若い世代に伝わったんじゃないかな、と思っています。

会場となったOIST(沖縄科学技術大学院大学)は相変わらず素晴らしいファシリティで、どなたに伺っても「沖縄でやったイベントで一番だね」と口々にお褒めの言葉をいただきました。そして二言目には「遠いけど」との正直な感想もいただきました(^_^;)

OISTの講堂に集結するPerlハッカー達。オープニングでめんそーれー!

数多くのスポンサー様に支えられ、お弁当もノベルティグッズ(なんと無線充電器まで!)も豪華だし、オリオンビール様のスポンサードもあったりと、とってもリッチなカンファレンスイベントとして大成功に終わりました。運営スタッフの皆様、お疲れ様でした。

全てのアイテムが豪華です!(^_^;)

カンファレンスのあと、そのままOISTの一角をお借りして開催された懇親会では、全国のPerlハッカーの方々とお話させていただいたり、地元の運営チームのメンバーに苦労話を聞いたりと、オリオンビールを片手に遅くまで語りました。

沖縄といえば、オリオンビールですよね!80リットル全部美味しくいただきました\(^o^)/

運営スタッフの皆様、本当にお疲れ様でした。ありがとうございました!

細かいところは色々反省ネタもあったのだとは思いますが、これだけ大規模なイベントを回すのは本当に大変なチャレンジだったと思います。これを若い世代を中心に頑張ったというのは本当に素晴らしいし、何モノにも代えがたい素晴らしい財産となっていくはずです!

さて、YAPCをこれだけ上手いこと実現してしまうと、もう良いかな〜という気分にならないでもないですが、久々にオフラインでコアメンバーチームとも話ができましたので、こっちも本気で動きますよ〜!が、頑張ろう(^_^;)

Like what you read? Give 西島 幸一郎 a round of applause.

From a quick cheer to a standing ovation, clap to show how much you enjoyed this story.