ほぼ発売と同時と言っていい頃に、賛否両論のiPad Proをオンラインで購入。Smart Keyboardは見送り、Apple Pencilは時間差で買ったので約1ヶ月遅れの出荷…。まずは本体を1日使ってみた感想を。 サイズ・重さ 最初見たときは意外とこんなものか、という印象。デカっとなったのは別のタイミング。重さは初代iPadと同じぐらいということでこれもまたそんなものかな、と。Unboxしたとき酔ってたせいもあるかもね… 写真 これがiPad Proを買った大きな理由の一つ。まず「写真」アプリで見る写真は非常にきれい。もちろんiMac 5Kディスプレイで見るのとまた違うんだろうけど、デバイスを手にしながら見れるという感覚がよりキレイな印象を強くする。子供の写真などほぼ等身大で見れるので、この瞬間、初めてデカっとなったw そして現像。Lightroom Mobileを使うのだけど、これは捗る。振り分けから最後の追い込みまで、もちろん制限はあるもの詳細を見ながら作業できる。もともと机に向かって腰据えてこの辺の作業をやるのが面倒な人間なので、iPad Airでは少し手狭と思っていた部分が解放されて、目一杯ソファとかでやれる。ただ今後期待するなら、Pencil最適化含めてProで動くために完全版に近いものにしてもらえると助かる。

以前やっと清水の舞台から飛び降りる覚悟で「写真」アプリに乗り換えた。(参考:iPhoto、Apertureから「写真」へ) 乗り換え直後にiCloudの容量不足で毎月のお布施を増やしたものの、なぜか10日ぐらい2万枚の写真のアップロードが完全にStuckしてたみたいで、一向にiPhoneやらiPadにシンクして来ない。まぁ時間がかかるもんだよね、と思いつつ数日放置していたんだけど、さすがにおかしいと思い、何気なしにiCloud Photo Sharingオプションを一度 unchecked にして再度有効化。すると一気にアップロードされ始めたではないか。一晩で一気にアップロード完了。 それからというものの、iPhoneで撮った写真も一眼で撮った写真や動画もiPhoneとMacで完全にシンクしていて便利過ぎる。数多あるフォトクラウドサービスを試してきたけど、シンクするという意味ではかなりレベル高い方だと思う。というのも、iCloudに全部オリジナルを預けることができるから手元のローカルの画像はオリジナルではなく、小さい画像サイズでいい。これは外部サービスではなく、OSと紐付いてるからこそできる技。ちなみに動画はMacの「写真」アプリなら1080/60p AVCHDをNativeで読み込んでくれる。 (追記 5/10:どうやらAVCHDは読み込むと日付がメチャメチャになるらしい…)

「写真」アプリが使えるようになってきた
「写真」アプリが使えるようになってきた

OS X Yosemite 10.10.3がリリースされました。一番大きいアップデートが「写真」アプリの正式追加。ベータ版も適用せずに我慢してきたので、期待が大きいのだ(写真+クラウド系は確実に問題が起こるのでベータ版は怖すぎる)。 https://www.apple.com/jp/osx/photos-preview/ 早速我が家のMacで設定開始。色々記事を読むと「写真」アプリを起動すれば勝手に色々と移行が始まるらしいのだが、どう見てもiPhotoからの取り込みが始まらない。もともとiCloud上で共有されていた自分のフォトストリームぐらいしか入ってこない。 原因を考えると、うちのiPhotoのライブラリはデフォルトの場所ではなく、複数アカウントから共有するために共有フォルダに移動済。おそらくこれが原因かと。そこでマニュアルでの移行作業へ。 「写真」アプリを起動するときに Optionキーを押しながら起動すると、iPhoto同様に開くライブラリの選択ができる。そうするとiPhotoライブラリが自動的に検出されて選択できるようになっている。選択すると、「ライブラリ作成中」の表示の後に「ライブラリ修復中」の文字。これに数時間。もともとあった写真の量に依るんだろうけども、結局はiPhotoライブラリから「写真」ライブラリを新規作成しているようで、100GB級のファイルがもう一つ完成…。これでiPhoto写真は新しいアプリで見えるようになった。

iPhoto、Apertureから「写真」へ
iPhoto、Apertureから「写真」へ
Kaz

Kaz

73 Followers

iOS/Android/Webサービス開発者。@speedmemo @salenbuycom @yamareco_ios を開発中。カメラ/写真/日本酒好き。発言は個人の見解です。