2016.12.15

Ego Wrapping聞きながら書き書き。明日はリクルートライフスタイルの面接だ〜〜〜〜。今日は本当に楽しかった。早かった。塚原先生にもとりあえず事故るな、体壊すな、って言われたし笑 でもお前は何が言いたいんかわからんって、全く読まずに言われたのは不快極まりなかった。泣かなかった私を誰か褒めてくれ〜。でも独りでかけ、っていうのは、そう。だよ。ね。

ラベリングする人はラベリングしてください。でも次の瞬間に私は違うラベルに貼り直さないといけないよ?ふふ。あざとく、欺く。軽やかに。辛さや嫌悪感は処世術を教えてくれる。じめじめとはおさらばだ!

いろんなことがあったなあ。

こうしろうは死にそうだったなあ。

自走できる人、っていうのがリクルートの採用ページにあったけど、私はいろんな人のおかげで自走できてるや。それは自走というのか?笑

ああ、縁があるといいなあ。うわあ。

告白なんかされたところでいいことないわあ、って思ってたけど、やっぱり考えるところがあって。うーん。めっちゃ好き、って言われても、めっちゃ嫌いって言われてんのと同じくらい嬉しくなかったなあ。どういうことなんだろう。自分勝手だなあと思った。

どんだけ告白されたとしても私はあなたのことを好きにはならないよ、っていう。

でも小久保に、こうしろうがまだ告白しきってないのに、それを武内がとうとうと説き伏せるのは違うくない?って言われて、ちょっと納得した。言葉を奪ってしまうのは良くない。嫌悪感しか抱けなかった。冷静にならなくては。無理だけど。ツッシーに、情報にあんまり踊らされない方がいいよ、って言われた。

もう大人なんですから。

ようは何が言いたいかというとですね?

たとえ私のことがどんだけ好きだろうと、それは私にわかる形で示されない限り私は分からないし、かなこさんのために彼女と別れたんです、って言われてもそれはあなたの勝手でしょう?って思う。それをズラズラズラズラ周りにばっかり勝手にのろけて満足して、なんなんだろう。私の何を知ってるんだろう。うわあ、気持ち悪いなあって思った。私も同じようなことしてるんだけどね。でも本人の耳に入らないようにはしてるよ?笑

もっと早く本人から聞けていればよかったんだろうか。でも違うよなあ。何度も彼の発言に幻滅したし、何度も彼の発言に傷ついたし、それはお互いに精神的に幼いからでしょう。多分私は彼のことちょっと好きだったんだ。でも後期が始まって、グダグダしていて、「オガちゃんのこと受け止めるのしんどい」とか言い出した時点からなんか違うなって。私が彼と一緒にいたのは自分で優越感を感じるためで、あ、こんなにダメなヤツがおるなら私は大丈夫だ、っていう感じだったんだと思う。

私の価値観が変わったのも大きい。期待はせず、ハードルは高く。

だからこーしろーが私を好きだとかそういうのが共通の話題みたいになってるって聞いた時、何それって思った。人の助けがなきゃ生きていけないくせに人の所為にする。まじで私みたい。あー。見てると私みたいで嫌なんだよな。

なのに支えたい、とか。上からかよ。何様だよ。私は向き合うよりも同じ方向を向いていたいんだよ。長文ラインもやめてくれ。ゼミの範囲内でしか関わってない彼に私の何がわかるんだろう。

私はVery Likeな人がめちゃめちゃいるんだよなあ。兄弟みたい。姉妹みたい。居心地が良くて、そこに性的な関係はありえない。あ、嘘。ありえる。オガちゃんが前「男はみんなやりたいかやりたくないかで考えてるよ」って言ってたけど女の子もそれは同じだと思う。性別は関係ない。でも彼はそのVery Likeとも違う。

私の人間としての魅力は何なんだろう。funnyさかな。明るさかな。へへへ。仕事でもいろんな人と関わっていくんだから、長所は伸ばす、短所も生かす。もっと自分と向き合っていきたいな。自分からは逃れられないからさー。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.