kaneshin

この記事は Eureka Advent Calendar 2020 の25日目の記事です。

こんにちは、エウレカでCTOをしている kaneshin です。2020年はCOVID-19🦠の流行からはじまり、リモートワークの推進👨‍💻👩‍💻、外出自粛🚷と緊急事態宣言📣、海外渡航の制限🛫といった世の中の生活様式が著しく変化し、本日は間もなくこのような一年も終わりを迎えようとするアドベントカレンダー最終日となるクリスマス🎄です。毎年アンカーをつとめている最終日の Eureka Advent Calendar ですが、今年もエウレカのエンジニア組織の振り返りと、来年からのエンジニア組織の戦略について紹介をします。

はじめに

エウレカは、恋活・婚活マッチングアプリ「Pairs」の運用とオンライン結婚相談所「Pairsエンゲージ」の展開をしています。(Pairsは以下「ペアーズ」と表記します)

ペアーズは運用されて8年が経過し、9年目に突入しました。出会い系という認識から長い歳月を掛けて安心・安全なマッチングアプリとしてマッチング市場を牽引し、今ではこのようなクリエイティブを世の中に出すことができるところまでマッチング市場が成長しています。

マイペースに、マイペアーズ。

2020年、ペアーズを開発するプロジェクトチームはCOVID-19による影響で変化に対応せざるを得ない状況が多々あったと思います。

個人的にも、COVID-19による影響で社内インフラやリモートワーク対応に時間を充てたりもしましたが、変化していく上で感じとれた開発系統やプロセスの良し悪しの学びが非常に大きかったです。

エンジニア組織の在り方

エンジニア組織に限らないですが、とある組織というのは目的となるミッションに基づいて行動し、目標となる結果を最大化させていくことが重要です。

--

--

kaneshin

kaneshin

Hi, I’m kaneshin. I’m currently working as a software engineer based in Tokyo, Japan.