具象のみで伝える

SnapchatやHousepartyなどのアプリ、それにLady GaGaのウェブサイトをみてある共通項に気づきました。それは「具象的な情報のみでコミュニケーションをしているケースがある」ということです。

SnapchatやHousepartyのサービス紹介動画はUI画面のみで構成されており、コンセプチュアルな説明をしていません。Lady GaGaは背景情報なしにいきなりアニメーション画像の山を放り込んできます。

このコミュニケーション方法は、うまく使えばもっとも効率よく情報を伝えることができそうです。どういうことか。抽象、具象の順に説明すれば情報量はMAXですが、要する時間もかかります。皆まで言うな、というやつです。また抽象か具象のどちらかだけを選ぶとなると、具象から抽象を想像させる方がその逆よりも情報量が多くなります。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.