動く — かつお節 — インターネットに乗り遅れないための贈り物。ブログで変えるこれから始めるインターネットの始め方。

動く

今年の書き初めで書いた文字は、

「動く」

です。

決意しても、動かなければ何も変わらない。

メールマガジンも配信再開といいながらほとんど配信していない。
 マーケティングやワークショップの活動も準備したものの発信していない。

休まず、少しづつ 動く。

動け、自分。

コメント

Copyright © 2016 katsuo All Rights Reserved. 広島 contact me by email

10年ほど前に論語を読んでいた。
 最近思い出して、思いやりについて考えてみたのでここに整理しておく。

孔子は、こんなことを言っている。

自分がされたくないことは人にはしてはならない、それが恕かなと言っている。

つまり、それが思いやりということである。
 さらには、他を受け容れ、認め、許し、その気持を思いやる。
 自分のことと同じように人のことを考える。
 そのことこそ、人生で一番大切なことだと孔子は教えたのである。

もう一つ、最近悩んだこともあり
 自己肯定について『小さな人生論2』致知出版より記しておく。

自己肯定とは

  • 誰かの役に立っていると、思えること。
  • 自分は誰かに愛されている、と思えること。
  • 自分を大事に思ってくれる人がいること。
  • 自分を必要としてくれるところがあること。

自己肯定は、他者からの肯定でもある。
 自己肯定ができなければ、人を受け入れることも、
 認めることも、許すこともできないし、人を思いやる余裕も持てない。

人の役に立つこと、人の喜びのために懸命に働くことを続ければ、
 誰かに認められ、必要とされる人となる。
 それが、自己肯定への早道。

人生で一番大切な、「思いやりの心」を育てたい。

コメント


Originally published at www.momiji.net on January 24, 2016.

Show your support

Clapping shows how much you appreciated katsuo’s story.