http://mimpiweb.net/blog/overseas-dream/gopro-underwater-photos/

ゴープロ(GoPro)カメラで撮影をした世界のリゾート水中写真まとめ

これから水中写真を撮りたい人におすすめ!

今回のエントリーでは、これまでに僕がゴープロ(GoPro)カメラで撮影してきた水中写真の数々を紹介する。

ゴープロ(GoPro)とは、2002 年に創られた米国カリフォルニアの企業が販売するアクション・カメラ(ウェアラブル・カメラ)シリーズの愛称だ。世界中で大流行をした後、2014 年の上場のタイミングでは企業名にもなっている。スローガンは「Be a HERO.」(日本語なら「ヒーローになろう」)で、日本でも人気急上昇中。

ゴープロ(GoPro)カメラの使い道は、人それぞれ。だが、僕は「水中写真」を撮ることが何より好きだ。いいや、きっと僕だけじゃない。特に夏休みの旅行中は、シュノーケリング、スキューバダイビングなど、海の中までカメラを持っていき、美しい珊瑚礁や熱帯魚たちと写真を撮りたい場面がたくさんある。水中で綺麗な写真が撮れると、旅の楽しさも倍増! 素敵なフォトアルバムを作ったり、SNS やブログで友達にシェアしたり、満足度も上がる。

ということで、あなたにもゴープロ(GoPro)カメラを手にすることの感動を伝えたい! 例えると「551 のアイスキャンデー」のようで、このカメラが「あるとき」と「ないとき」では、遊びの楽しさがまるで違うからだ。以下は、僕が世界各地で撮影してきた海の中の写真を紹介している。何かしらの参考になれば幸いである。それでは、スタート!

コート・ダジュール(フランス)

フランス南部、風光明媚な保養地として知られる海岸。

こちらは、2016年8月3日の撮影。フリーダイビングを楽しんでいるところ。具体的な場所は Parc national de Port-Cros(ポール・クロ国立公園)、地中海の水温は 23℃。

シュノーケリングと言うと珊瑚礁のある南国の海をイメージしがちだが、こういう場所にも違う美しさがあり、潜るのがとても楽しかった。魚たちと一緒に、ゆらゆらとなびく海草の草原の上を「空」を飛んでいるような気分で泳ぐことができた。

自分撮りスティックで動画撮影をした後、キャプチャ写真として保存も可。
水深6~7mのところに群れていた魚のところまで潜水していく様子。
お気に入りのモノフィンでフリーダイビングを楽しむオリアンを撮影。
水深6m~7mまで楽に潜れるようになると水中撮影はとても楽しい。

ピクニック・アイランド(モルディブ)

インド洋の宝石箱の中でも、とりわけ小さな無人島。

こちらは、2016年7月19日の撮影。個人的に、フリーダイビング・スポットとしては「史上最高」の場所だった。できるだけ近いうちに、もう一度いきたいと思う。

ピクニック・アイランドは、南マーレ環礁とフェリドゥ環礁の間にある凄く小さな無人島。宿泊施設はなく、スピードボートに乗ってピクニックとして行く。ちなみに、ピクニック・アイランドとは観光者向けの別名で、地元の人たちはこの島を Vashugiri と呼ぶそうだ。

ドロップオフ直後に「ニモ」の親戚、ハナクマノミ。水深は2~3m。
ドロップオフ付近でこちら側に接近してきたアオヤガラの撮影に成功。
水深30m以上へ一直線のドロップオフでは様々な魚が見られて圧巻!
ドロップオフの向こう側40mくらい先には大きな魚の群れが悠々と泳ぐ。
ドロップオフからピクニック・アイランド側を見たときの海の中の景色。

パラダイス・ラロトンガ(クック諸島)

ニュージーランドから4時間、南太平洋の楽園。

こちらは、2016年7月9 日の撮影。スキューバダイビング(水深 10m から 18m )での撮影のため完全に青かぶりしてしまっているが、良い思い出を残すことはできた。

この日なんと、パラダイス・ラロトンガの透明度は 50m 以上! そして、ダイバーと一緒に泳いでくれた Blue Triggerfish(日本名:アカモンガラ)が、45 分間の海中散歩を素敵に演出してくれた。赤フィルター装着なしのゴープロ(GoPro)で撮った写真の参考として。

スキューバダイビングの場合、本来なら赤フィルターを利用するのが理想。
水深18mまで潜ると遠くを撮影するのが特に難しくなる。幻想的だけど。
水中での動きに一切の無駄がないダイブマスター、写真にすると絵になる。
異様なほどに人懐っこい体長約40cmのアカモンガラは1番の思い出。
友達になったアカモンガラ、セーフティストップで3分待機の間まで一緒。

まとめ

ゴープロ(GoPro)があれば、海での遊びがもっと楽しい!

ということで、ここまでで僕の「ゴープロ(GoPro)は何て素晴らしいんだ」という気持ちは十分に伝わったかと思う。これから水中撮影をしてみたいと考えている人には、ぜひこの素晴らしさを味わって欲しいし、楽しい思い出をたくさん作って欲しい。

僕はゴープロ(GoPro)のカメラを買ってから、海に潜ることが以前よりも楽しくなった。コンパクトで持ち運びが簡単で、海外旅行中も荷物にスッキリ収まるなど、取り扱いやすいところも「お気に入り」になったポイントだ。もちろん上のように、陸上での写真撮影にも十分に使える(ちなみに写真の場所は、モルディブのピクニック・アイランド近く)。

その一方で、もっと綺麗な写真を撮りたいという気持ちが強くなり、ついには赤フィルターを購入することを決めた。また、2016 年の後半に発売が予定されている最新モデル「GoPro HERO 5」への買い替えも計画している。今後、続報に期待したい。


起業しないで社長気分な WordPress ブログ にて 2016年8月16日に公開
著者:橋本克哉