オフライン

ここ数日でウェブで仕事をする人が、ウェブと距離をおくケースを立て続けに耳にした。洪水のように…なんて使い古された表現では足りないくらいの「情報津波」から思考を守る?情報の侵食を防ぐ?もう充分に情報は出揃っていて、あとは何を、どう選び取るか。スマホでウェブに常時接続している現代人。あえて「オフラインに接続する」という選択。必要なのは100円で買えるペンとノート。静かな場所。オフラインの価値。言ってみれば頭の中のデフラグ?…もうデフラグなんて言わないか。いい言葉を探したい。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.