アリスのアイコンの由来

Apricotのアイコン

Apricotのアイコンなどで「不思議の国のアリス」のアリスが使われている。

このアイコンの由来は、Microsoft Bobという製品に関係する。この製品自体が成功することはなかったが、デスクトップマスコットのルーツともいえるものであると思う。

Microsoft Bobは黒歴史となって消えることになるが、その後Microsoftは懲りずにMicrosoft Agentを開発する。これは「お前を消す方法」で有名なイルカに代表されるOfficeアシスタントの基になっている技術である。登場は華々しかったが、また黒歴史のようになって残念なことになってしまった。ちなみにApricotは、このMicrosoft Agentの実装を参考にしている。

話は元に戻してApricotの名前の由来であるが、このような歴史的背景を踏まえた上でコンピュータ系でよく使われるメタ構文変数の「アリスとボブ(Alice and Bob)」のアリスから、アイコンがアリスになった。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.