Fare un buco nell’acqua

Beating a dead horse

無駄骨を折るって意味の慣用句です。イタリア語は「水の中に穴を掘る」、英語は「死んだ馬に鞭打つ」と国によって違うもんやなーはじめなーんも考えんと英語を見たときに死んだ馬殴るなや!ってなったけど鞭打つってことなんやろな。笑

今日は盛大に水の中に穴を掘り、死んだ馬に鞭を打ち続け、骨を無駄に砕き続けてしまったよ。笑

というのも制作用の材料に大きめの木材がいるから大学で買えないしわざわざバスでまた工業地域まで行って買いに行ったんですよ。まぁお察しの通り買えなかったんだけどさ←笑

バスでわざわざ20-30分かけたんだよ…それなのに…それなのに…

いやまぁね、薄々感じてたよ、工業地区って段階でね、でも材料ショップマップには工業地区に二件しかなかったんだよ!まぁね、店にたどり着くまでに店見えた段階で半ばあきらめたよ←

だってこれだぜ、外観。笑

いや、でけぇよ。笑 そりゃ個人売買できねぇよ…

いや、でもこんなにあるなら少しぐらいええじゃないか…

んで帰りは布買ってCD-R買ってと帰りは何とか調子よく帰れました。笑

そして帰りにふらふらーっとしてたらなんとBang & Olufsenのお店を発見してしまった!まさかちゃんとした専門店をこのボルツァーノで発見できるとは…笑

相変わらず美しすぎるプロダクトの倉庫…店員さんとごっつ仲良くなって小一時間長居してしまった。笑 まじ店員さんいい人過ぎて学生風情が何も買えないのに全部見せてくれてショールームの方までしっかり再生してまで見せてくれた、ほんといい人やったーパンフレットとか名刺までたくさん収穫ありましたぜ!そしてなによりイヤホン割り引いてもらっちゃったぜ←笑

かっくいいー!このイヤホンの音質良すぎて前から欲しくてよだれ垂らしてたら150ユーロを100ユーロに…聞き間違えたのかと思ってびっくりしたよ。笑 デザイン科の学生で留学で半年だけ来てるんやって言ったら「君は半年しかボルツァーノに居ないのにこの店を発見できた君の嗅覚、そして明らかに入りづらいのに勇気出して入ってきてこれだけ興味持って話聞いてくれたなら構わんこの程度の割引!」って。いや、2/3になってるんですけど、しかもiPhoneケースまでつけてくれる気前の良さ…ほんと感謝感謝です。

がっつり開封の経過の写真まで撮っちゃったよ←笑 嬉しすぎたね。笑 それにしてもただの箱までかっこええよね…

専用ケースもついてるのな…恐れ入った…

本革のiPhoneレザーケース付けてくれたけど、これ15ユーロしますよ、大丈夫っすか…笑

またイタリアに帰ってきたときは必ず来てくださいね!って言われたし出世して金持ちになったら割引なしで買いに来ます!って言って帰ってきました!

ほくほく顔で寝てきますー!

Ciao!

15/01/2015 no.111

Show your support

Clapping shows how much you appreciated Kazemaru.F’s story.