Business Data Analyst, Data Architect at eureka, Inc.

この記事は「Eureka Advent Calendar 2021」の14日目の記事です。

Advent Calendar初投稿です。BI Teamのあらき(@kazuya.araki)と申します。弊社Data Analystとしてプロジェクトの意思決定を支えるインサイトを提供する業務を主軸に、データにまつわる業務を効率化して楽にしたり、データ利活用の一層の成長と向上を図る業務も担っています。

Tableauのコミュニティ(DATA Saber, Serverユーザー会)、BIツール研究所といったBIツールに関する課外活動も行っていますので、Tableau他各種BIツールにご興味のある方はぜひお声がけいただければと思います。

はじめに

今回私が取り上げるテーマは、弊社で利用しているBIツールのひとつであるredashの断捨離を実施した際の方法を紹介します。

BIツールの成果物の断捨離方法については、BIツール界隈でも多くの方々が課題感を抱いている認識がありますので、類似のお悩みを抱えている方々のご参考になれば幸いです。

BIツール導入後の運用にまつわる課題感

redashに限らず、一般的なBIツールの共通の課題として、特に意識なくBIツールを利用していると以下のレポート/ダッシュボードがたまり続ける事案があります。

  • 昔は見ていたが、現在誰も見ていないレポート/ダッシュボード。
  • いつまでも残り続けているテスト用で作ったレポート/ダッシュボード。
  • 残すべきか判断できない退職者が作成したレポート/ダッシュボード。

これらのレポート/ダッシュボードを放置し続けると以下の弊害を生むため、BI利用者、BI運用者双方を悩ませる種となります。

  • レポート/ダッシュボードの検索性が悪くなり、必要な情報を取得する時間がかかる。
  • 何が正しいレポート/ダッシュボードなのかがわからなくなるので、余計なコミュニケーションが発生する。
  • 誰も見ていないレポート/ダッシュボードなのにお金がかかる(サーバー使用料、クエリ課金)。

課題解決方法としては、定期的にレポート/ダッシュボードの棚卸しを行い、不要なレポート/ダッシュボードを断捨離するアプローチが昔ながらの定石となります。

弊社redash環境もご多分に漏れず、この課題を抱える運用フェーズでしたので、年末の大掃除と割り切って断捨離を敢行することにいたしました。

やったこと

※以下、redashクエリ、redashダッシュボードをそれぞれクエリ、ダッシュボードと表記します。

全体像

Kazuya Araki

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store