AO入試の志望校決定前に考えるべき3つのポイント

こんにちは、マップスです。

皆さんは既にAO入試の志望校を決めましたでしょうか?3月までのタイミングで夏に出願するAO入試の志望校や志望理由が比較的明確に決まっている人は、かなり優秀ですが、どうしてもほとんどの人はAO入試の志望校を4月〜6月頃に決めることが多いでしょう。

そんな中で、まだ志望校を決められていないという方のためにどのように志望校決定をすれば良いかを順序立ててご紹介できればと思います。

1.自分の学びたい分野の学部にAO入試があるのか?

まずは自分の行きたいと思う大学を絞っていく必要があります。一般的な大学進学雑誌(リクナビ進学、マイナビ進学、ベネッセ系などがあります)で情報収集をしましょう。魅力的な大学を10校くらいまで絞れば、その中で自分の学びたい学部にAO入試制度があることが多いです。全受験生の10%以上がAO入試での入学をしていますのでかなり高確率でAO入試制度自体はあると言えるでしょう。

2.AO入試の出願条件を見たしている学校か?

例年のようにAO入試制度のある学部は、昨年度の募集要項が公開されていることが多くあります。また、何年か継続してAO入試の枠のある大学(学部・学科)は昨年度の募集要項とほぼ同じであることが多いため、募集要項開始前から準備ができます。しかし、その出願条件に合っていないか確認しないまま対策を始めると出願間近になって気づいて焦ることになります。くれぐれも、きちんとリサーチはしましょう。

3.その志望校をよく知る人の話が聞けそうか?

アドミッション・オフィス入試(AO入試)というのは、大学の欲しい人材がどのような人材かを知った上で出願しなければ、通りにくいと言われています。そのため、その大学をAO入試で合格した先輩や教授に知り合いがいることは非常に強力なサポートになります。過去の卒業生でAO入試で合格した人がいるかどうかは学校の進路担当の先生などに確認して志望理由書を見せてもらったり、過去の卒業生を紹介してもらったりしましょう。こんにちは、マップスです。

皆さんは既にAO入試の志望校を決めましたでしょうか?3月までのタイミングで夏に出願するAO入試の志望校や志望理由が比較的明確に決まっている人は、かなり優秀ですが、どうしてもほとんどの人はAO入試の志望校を4月〜6月頃に決めることが多いでしょう。

そんな中で、まだ志望校を決められていないという方のためにどのように志望校決定をすれば良いかを順序立ててご紹介できればと思います。

1.自分の学びたい分野の学部にAO入試があるのか?

まずは自分の行きたいと思う大学を絞っていく必要があります。一般的な大学進学雑誌(リクナビ進学、マイナビ進学、ベネッセ系などがあります)で情報収集をしましょう。魅力的な大学を10校くらいまで絞れば、その中で自分の学びたい学部にAO入試制度があることが多いです。全受験生の10%以上がAO入試での入学をしていますのでかなり高確率でAO入試制度自体はあると言えるでしょう。

2.AO入試の出願条件を見たしている学校か?

例年のようにAO入試制度のある学部は、昨年度の募集要項が公開されていることが多くあります。また、何年か継続してAO入試の枠のある大学(学部・学科)は昨年度の募集要項とほぼ同じであることが多いため、募集要項開始前から準備ができます。しかし、その出願条件に合っていないか確認しないまま対策を始めると出願間近になって気づいて焦ることになります。くれぐれも、きちんとリサーチはしましょう。

3.その志望校をよく知る人の話が聞けそうか?

アドミッション・オフィス入試(AO入試)というのは、大学の欲しい人材がどのような人材かを知った上で出願しなければ、通りにくいと言われています。そのため、その大学をAO入試で合格した先輩や教授に知り合いがいることは非常に強力なサポートになります。過去の卒業生でAO入試で合格した人がいるかどうかは学校の進路担当の先生などに確認して志望理由書を見せてもらったり、過去の卒業生を紹介してもらったりしましょう。

智自舎塾では、AO入試で実際にその大学に詳しい講師が常駐しています。特に、身近な先輩でAO入試合格をしている人がいない場合などは強いパートナーとして熟練の講師が皆さんの合格に向かってナビゲートしていきます。智自舎塾のLINEアカウントでも簡単な相談を受け付けていますので、お気軽にご連絡くださいね!

Show your support

Clapping shows how much you appreciated Oba Keita’s story.