ラジオってオワコンなの?

ワタシは仕事柄、このご時世でもラジオを聴くことがあります。渋々ですが…。

最近はポッドキャストや音楽をiPhoneからBluetooth対応スピーカーに飛ばして聴くことが多いけど、飽きた時につけたりするわけです。

で、思うことが多々ありまして…昼間のラジオで食レポっているか?

って事です。

店の紹介やらなんやらもあって…TVでやれよ!と思います。

ラジオの良さは、喋り手と近い感じがするところだと思うんですがね。食レポや、店紹介なんか必要性を感じないんですよ。

なのに続けるって事は裏があると勝手に推測しちゃうんですけどね。

これってAMラジオは普通の事だけど地方のFMくらいなら当たり前にあります。FMの良さが潰されてる感じはします。

こんなんでも地方はAM.FM一局ずつしか無いから成り立ってるんでしょうね。

でも、狙ってる年齢層はかなり上の方です。深夜はキー局のオールナイトニッポンやjunkとかを流してますが、それ以外は完全に若者は無視。

それじゃ、いずれ行き詰まる事は間違いないんだけど危機感無いのかね。

最近のポッドキャスト充実してるし、音楽のストリーミングサービスは進歩してきてる。このままじゃ完全にオワコンなんですよ。

危機感が無さ過ぎてガッカリする。

ホリエさん辺りなら、どんな改革するんだろうな。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.