Miamiで行われたBitcoin Conference 2022に参加してきました。イベント自体の発表は少ししか聞いていないのですが、人と会って話をしたり、イベントの質の変化を感じたり、自分にとっては、Bitcoinを取り巻く環境が大きく変化しているということを感じる出来事でした。 空港からUberに乗りました。道からして、勝手に想像していたマイアミ!って感じです。 会場は有名なMiami Beachの国際会議場です。会議場近くのホテルは皆すごく高価で、自分はダウンタウンの方に宿泊場所を取りました。ダウンタウンの中ではちょっと高級な場所であるBrickellというところに宿をとりました。実際に宿に行ってみると、ホテルというよりリゾートマンションという感じです。おそらく部屋を購入している人と宿泊者が混在しているのではないかと思います。 頑張って探して、2万円台後半でBrickellにキッチン付きLiving & 1BRの綺麗な宿に泊まったのですが、今にして思うとかなり破格のお得な宿だったのではないかと思います。それぐらいMiamiはお金持ちが集まる場所で物価が高い街になっています。ちなみに今、Austinからワーケーションをしているのですが、Austinのstarbucksの店員さんと少しお喋りして、Austinに来る前Miamiに寄ったんだよって話をすると、「Miamiどうだった?Crazyな街だったでしょ」と言われるぐらいちょっとU.S.の中でも特殊な場所になっているのではないかと思います。

Bitcoin Conference 2022
Bitcoin Conference 2022

Miamiで行われたBitcoin Conference 2022に参加してきました。イベント自体の発表は少ししか聞いていないのですが、人と会って話をしたり、イベントの質の変化を感じたり、自分にとっては、Bitcoinを取り巻く環境が大きく変化しているということを感じる出来事でした。

空港からUberに乗りました。道からして、勝手に想像していたマイアミ!って感じです。

会場は有名なMiami Beachの国際会議場です。会議場近くのホテルは皆すごく高価で、自分はダウンタウンの方に宿泊場所を取りました。ダウンタウンの中ではちょっと高級な場所であるBrickellというところに宿をとりました。実際に宿に行ってみると、ホテルというよりリゾートマンションという感じです。おそらく部屋を購入している人と宿泊者が混在しているのではないかと思います。

頑張って探して、2万円台後半でBrickellにキッチン付きLiving & 1BRの綺麗な宿に泊まったのですが、今にして思うとかなり破格のお得な宿だったのではないかと思います。それぐらいMiamiはお金持ちが集まる場所で物価が高い街になっています。ちなみに今、Austinからワーケーションをしているのですが、Austinのstarbucksの店員さんと少しお喋りして、Austinに来る前Miamiに寄ったんだよって話をすると、「Miamiどうだった?Crazyな街だったでしょ」と言われるぐらいちょっとU.S.の中でも特殊な場所になっているのではないかと思います。

Brickellの海岸から。ここを大型のクルーザーが通ったりしてました。

こちらはDowntown側のショッピングモール横のヨットハーバー。ただ、マイアミの色んなところでクルーザーとか見ていると、これでもそんなに高そうなクルーザーはあまり無いな〜とか思ってしまいます。それぐらいマイアミは普通じゃない。

--

--

前回はEl Zonte (Bitcoin Beach)について書きました。El Zonteにしばらく滞在した後、USに戻る前にSan Salvadorに二泊しました。またEl Zonte滞在中に一度、車でSan Salvadorに日帰りし、国のシステム開発に関わっているAthena訪問とBitcoin meetupへの参加をしています。

まず最初にAthenaの訪問から

https://twitter.com/AthenaBitcoin/status/1507444312069447680

左側にはATHENAのATM、右側には政府が運営するChivo ATMが見えます。El SalvadorがBitcoinを法定通貨にする直前からどのようなことが行われてきたのかを沢山教えてくれました。

--

--

2021年6月 Miami Bitcoin Conference で、El SalvadorがBitcoinを法定通貨にするという発表がありました(大統領が法案を議会に出すということを以下のプレゼン中にビデオで話ししています)。

突然の発表でその時は非常に驚きました。Bitcoinのコアなコミュニティでも意見は割れていました。法定通貨というのは強制通用力があり、支払いにおいて法定通貨を使われた時に受け取り側は拒否ができません。否定的な人は個人の自由を最大限に重要視するBitcoinと強制通用力は合わないという意見でした。自分はBitcoinとはPermissionlessな性質を持つということを共有理念として開発に関わってきていたので、El Salvadorの人達がBitcoinを法定通貨にしたいのであれば、それも自由というのがBitcoinだという意見です。(これで発生するリスクを超えれないならばそこまで。)

この発表から10ヶ月経って、El Salvadorを訪問する機会があり10日間(El Zonte 8泊、San Salvador 2泊)行ってきました。ここでは自分が体験したことを書いて行きたいと思います。El Zonteは別名Bitcoin Beachとも呼ばれます。El Salvadorが国としてBitcoinを法定通貨にする前からBitcoinを使える街にしようと地元のコミュニティが活動して色々なところで使えるようにしていました。これがEl Salvador政府の耳に入り最終的に法定通貨になりました。そういう意味ではEl ZonteはBitcoin法定通貨化の発祥の地みたいな場所です。

3月17日、L.A.からの飛行機でエルサルバドル国際空港に着陸しました。知らない国に降り立つのはいつもドキドキします。無事、ゲートを出たところで前もって紹介されていたドライバーと出会えました。着陸した直後、飛行機の中ではスマホはインターネットに接続できたのですが、空港に出るとつながらなくなりました。ドライバーさんは英語が分からず、 google翻訳を使ってコミュニケーションを取りますがなかなか通じず、南国の人っぽく「大丈夫!大丈夫!とりあえず行こう!」って感じで出発です。今回の旅ではgoogle翻訳を使ってコミュニケーションを取るというのを多用しました。しばらくしてから英語の通じる弟さんと電話が通じてSIMカードが必要だということが伝わりました。

そして途中で小さなショップが集まっている場所を通り、SIMカード購入しました。ここではネットがまだつながっていませんでしたが、おなじみのBitcoin Acceptedが貼ってあり、期待が高まります

El Salvador Airportから El Zonteまでは主に海岸線沿いを1時間ぐらい車で走ります。途中はあまり何もないのですが、ところどころ街となっている場所が出てきます。そういう場所は工事中の部分が多いです。Surf Cityというのを宣伝言葉にしているようで、Surfinに向いた場所が観光地として発展している最中であることが伝わってきます。

最終的に El Zonteに到着しました。El Zonteがどのような街か一言で説明するのは難しいのですが、元々ローカルな漁村に、良い波が来るということで観光客用のホテルやレストランが作られていっている最中の街という感じです。エルサルバドルの田舎の雰囲気もあるし、場所によっては高級なリゾートの雰囲気もあります。今回、全く知らない国、知らない街ですごすということで到着するまで雰囲気が分からなかったので最初の2泊はおすすめされたEl Zonteでも良いホテルを予約しました。到着したところから見える景色はこんな感じ。プールもあり、プールサイドのバーもあり、ホテルの中にいると高級リゾートと変わりありません。

こういうホテルにいると英語が使えるコンシェルジェみたいな人がいるので色々情報を聞くことができます。ホテルの周りはかなり安全ですよという話だったので、ゆっくり疲れをとった後、ホテルの周りをうろうろしてみました。

--

--

Cryptoが外為法に追加される方針だそうです。 (短信)暗号資産に資本取引規制 財務省、外為法見直し 財務省は16日、関税・外国為替等審議会の分科会を開き、暗号資産(仮想通貨)について、外為法の資本取引規制の対象に加える方針を示した。マネーロンwww.nikkei.com 詳細がどうなるかは自分には分からないけども、どうしても書いておきたいことがあったので久しぶりに書くことにしました。論理的な話ではないので、今回はほんの少しだけエッセイ風です。 強い中間者無しに送受金できることが最大の特徴の一つである暗号通貨は存在感が大きくなるにつれAMLに関する話題が大きくなっていきました。自分もAMLについて色々調べましたが、やはり実態がまるで分からない、コストとメリットがどうなっているのかまるで分からないという状況です。 自分たちはコミュニティの一員としてビットコインの2nd LayerであるLightning Networkプロトコルそのものの開発に強く関わり、ビジネスとしてそのアプリケーションの開発を行っています。両方ができなければ実際のサービスインできないという考えで取り組んできました(Bitcoin以外のこともかなりやってきてます)。最近のAMLの考え方はプロトコル開発の部分とビジネスの部分への対応をしっかり分けましょううというポリシーが強くなっています。 なので2つのポジションを持つ自分達は何が良いことなのか明確に述べることすら難しいというのが実際のところです(逆に考えると、ビジネスできない部分はオープンソースにしてフリーにするということもできるのですが)。ただ、どうしても書いておきたいことがあるのです。

Cryptoが外為法に追加される方針だそうです。

詳細がどうなるかは自分には分からないけども、どうしても書いておきたいことがあったので久しぶりに書くことにしました。論理的な話ではないので、今回はほんの少しだけエッセイ風です。

強い中間者無しに送受金できることが最大の特徴の一つである暗号通貨は存在感が大きくなるにつれAMLに関する話題が大きくなっていきました。自分もAMLについて色々調べましたが、やはり実態がまるで分からない、コストとメリットがどうなっているのかまるで分からないという状況です。

自分たちはコミュニティの一員としてビットコインの2nd LayerであるLightning Networkプロトコルそのものの開発に強く関わり、ビジネスとしてそのアプリケーションの開発を行っています。両方ができなければ実際のサービスインできないという考えで取り組んできました(Bitcoin以外のこともかなりやってきてます)。最近のAMLの考え方はプロトコル開発の部分とビジネスの部分への対応をしっかり分けましょううというポリシーが強くなっています。 なので2つのポジションを持つ自分達は何が良いことなのか明確に述べることすら難しいというのが実際のところです(逆に考えると、ビジネスできない部分はオープンソースにしてフリーにするということもできるのですが)。ただ、どうしても書いておきたいことがあるのです。

NayutaはNayuta CoreというノンカストディアルLightning walletをテストリリースしています。ノンカストディアルというのは自分のビットコインは自分で管理するというタイプのwalletです。単なるwalletではなく、他社のアプリと連動できる機能があります。以下のyoutubeではSarutobiというMandelduck製ゲームと連携しています。ノンカストディアルなアプリ開発プラットフォーム的なものと言えば伝わるでしょうか。その他、Lightning Crushというゲームや他社製ウォレットと連携できます。Sarutobiではゲーム中のお猿がコインを取った時に0.数円ぐらいのビットコインをリアルタイムで受け取ることができます。ゲームをすることによって少額のビットコインを稼ぐことをビットコイン業界ではmicro earningと呼んでいます。Lightning Networkは現在手数料が非常に安いためmicro earningが可能になります。

まだオンボードのところがGeek以外には難しい、かつ環境変化が激しいため大々的に宣伝はしておらず、Geekが使っています。テスター向けTelegramグループは日本語グループは170人ぐらいですが、英語グループは274人です。ノンカストディアルですので、Androidが使えるところであれば使うことができます。なので 自分の読めない言語でメッセージが来たりします。

現行のNayuta CoreはLightning Networkの仕様通りに作っているため、最低570satsぐらいがウォレットに残ることになります。570satsと言っても伝わらないかもしれませんが、記事を書いている時点で38円ぐらいです。

自分の読めない言語でとあるメールを受け取りました。DeepL翻訳にかけてみると、450satsが取り出せないのをなんとかしてくれないかというものでした(どうもこの方はゲームで稼いだのではなく、他のwalletから転送したっぽい)。そして、想像できないかもしれないけど、自分の住んでいる場所の生活環境は悪く、450satが朝食と昼食のレストラン代金になるということが書いてありました。レストランの画像や記事が載っている手作り風のWebのリンクもついてます。コーヒーがその場所でいくらとか、その国のFiatとビットコインのレートの図とか、市政府からの委託事業のこととかもメールに書いてありました。

ノンカストディアルなので、本当のところどういう方かは分かりません(実際のメールには住んでいる場所等が分かる情報が載っていました)。ただ570sats(38円)送付すれば、動かせるようになるのでメールのやり取りしています。信用してもらうための情報が色々書かれていて別に疑ってないのですが、正直、日本に住んでいる自分からすれば仮に38円が詐欺であったとしても全然構いません。喜んで払います。多分それでその地域の人が二回食事にありつける。

Nayuta Coreは他社のアプリと連動できるのですが、Nayuta製のアプリとして英語学習アプリを作るという企画があります(企画アイデアレベルの話です)。英語学習すればものすごく小額のお小遣いがもらえるとなれば子供がハマる地域が世界のどこかにあるのではないかという仮説です。あくまでも仮説です。本当の効果は良く分かりません。なぜなら世界中の状況など誰にも把握できないからです。けど把握できない場所の一部にノンカストディアルなら届くものがあります。

Nayuta自体は慈善事業を行う組織ではなく、金融包摂を主目的にしているわけではありません。上記の英語学習アプリは全体のほんの小さな一部に過ぎません(しかもまだ単なるアイデア段階。)。最終的には豊かな国で稼いで(ここが一番大事)、途上国ではゲームやインセンティブ付きの学習アプリを動かし、micro donationを動かして先進国と途上国をつなぎ、自分たちはお金を稼いで会社を発展させ、リスクを取ってくれた投資家に還元することまで含めて目的です(とは言え、環境変化が凄まじいため現在は様々な事をやっています。)。自分個人が50円ぐらいを色んな人に送るという方法もありますが、それでは何も変わらないのです。テクノロジーやビジネスには根本的な構造を変える力があります。

色々とりとめのないことを書いていますが、Cryptoの外為法適用でおそらく今回自分がレストランの朝食と昼食でリアルに感じた、先進国と途上国の間のパスがつながっていくことは数年単位 (もしかしたら10年)で遅れるかもしれないなと感じています(まだ法律の詳細が自分には分からないのでなんとも断言できないのですが)。もしかしたらこれからインターネット上に作り上げられる国境の壁がものすごく高くなって、自分の力では超えられなくなるかもしれません。私がここで言いたいことは、そこを完全に自由にやり取りできるべきであるということではありません(少額は自由にやり取りできる可能性が残って欲しいとは強く思っています)。AMLと金融包摂はコインの裏と表の関係であって、どちらかだけしか話をしないというのは良くないということです(AMLについては、誰が犯罪者を決めるのか、や、個人の財産権やプライバシーとのトレードオフという話もあると思います。こちらの方が本当は重いテーマだと思いますが、今回は触れません)。

AMLがしっかり行われることによって安全な日本社会があるというのも重要な事実です。しかし、「AMLと金融包摂のトレードオフは…」と言うロジカルな議論とは別に、30円ほどのビットコインが本当に大切な人が地球上のどこかで生活していて、つながり、サポートするメールをやり取りする、テクノロジーの力がリアルに遠く離れた知らない人間同士でまさにつながろうとしているところにいる自分にとって表現するのが本当に難しい強い感情があるのです。なので自分の言いたいことは、単純に「Cryptoは犯罪者の道具になるので管理を厳しくします」と言うのではなく「Cryptoには良い点悪い点が両方があり、***のような検討した結果、今回は***という判断で管理を厳しくします」と言って欲しいなということです。

AMLが厳しく入らなければ、今の感じではもう後少しでメールをくれたような立場の人達皆がテクノロジーの力でmicro earningの恩恵を受けて生活が変わるかもしれません。その代わり、日本の安全な生活が損なわれるのかもしれません(ここは自分には本当に分かりません)。法律の内容によっては、自分も含めて日本人は皆、このパスを遮断もしくは狭くすることで安全な生活を得ようという選択をするのだということを知っておいて欲しいなと思います。

米国では激しい議論が国の会議で行われました。CoincenterのPeterは、アフリカの女性運動の寄付受付が政府から止められた後にビットコインに切り替えて集め続けることができた話をしていました。世界のリーダーですし、社会をより良く変えるという強い意思がある国では国外のことも重要視され議論されています。それが自国の経済発展につながるという共通認識があるのだと思います。(米国はAMLを厳しくするという選択をしていってます)

Nayutaを設立した時は金融包摂を目的の中に入れていた訳ではありません。テクノロジーの力が世界をほんの少しフラットにするという確信と、日本の技術者が世界を変えるという目的で設立しました。実際に技術で海外でもそこそこ名前が知られるようになってみると、ビットコインの世界に与えるインパクトは凄まじく、技術とは異なる本当に難しい問題だらけですし、日本発とかどうでも良いと感じました。また自分は途上国に旅行したこともないですし、途上国支援を正しく語れるような人間でもありません。そこに大きなエネルギーを使ってきた訳でもありません。それでも遠く離れた国の知らない人とのちょっとしたコミュニケーションがあり、今回強い感情を抱いているのでこの文章を書きました。

--

--

こんにちは。Nayuta代表の栗元です。

現在のNayutaの紹介と、メンバー募集のお知らせです。

まず最初に、Nayutaはビットコインから始まった特定のリーダーを持たない分権技術が社会を大きく変えるということに確信を持ち、その大きな変革を事業を作ることによって推進していくことを目指した集団です。

現在Nayutaには正社員と契約ベースのメンバー合わせて十数名が業務を行っています。行っている事業は二種類あります。基本的に2チーム制ですが、両方に関わっている人もいます。

一つはLightning Networkに関する事業。以下のLightning Networkエコシステムの記事にあるようにグローバルでもNayutaの名前は知られており、現在はNayuta Coreというプロジェクトをメインに取り組んでいます(その他のこともやっています)。

その他、エンタープライズ系の事業も行っています。主に大手プロジェクトにおいて、ブロックチェーン選定やコンセンサスアルゴリズムの調査、プロトコルレイヤーの新規開発、SmartContract開発、アプリケーション開発等も行っています。Lightning Networkのプロトコル開発を行ったメンバーも参加しますので、非常に技術レベルの高い業務を行っていると自負しています。

2つの業務はいまのところダイレクトにリンクはしていないのですが、Public chainの代表格であるBitcoinと、会社の実ニーズに近い業務の両方を行っていることによって、全体像を見ることができます。また将来は形を変えながら、これらが交わっていくと考えています。

このような会社ですが、今回若干名メンバーの募集を行います。Nayutaは一緒に事業を作っていってくれる方を必要としています。ご連絡お待ちしています。

(1) ビジネスデベロップメント
上記のビジネスの事業開発を引っ張っていける方を募集しています。2C,2Bが混在している状況ですがどちらか片方、もしくは両方でもリードできる方を募集します。
・ユーザを理解し効果的なビジネスモデルを提案
・ユーザ候補とのヒアリングやブラッシュアップ
・契約の内容を固めて締結
・ユーザニーズに沿ったものをアウトプットできるように技術陣と会話
をイメージしています。
・英語コミュニケーション力もある方が望ましいです。

また、若い方で一部経験が足りてないかなという方でも、話をしてから応募するかどうか決めるという方でも、目指すところが同じところであればお話したいと思っていますので、ご連絡いただければ嬉しいです。

(2) Lightning Network関連開発
こちらはBitcoin関連の開発が好きなことが必須になりますが、Bitcoin開発経験よりも、他のPjでも良いので実装をしっかり行ってきているエンジニアを求めています(Bitcoin関連はNayutaで業務を行えば、興味が強いひとは自然と詳しくなります)。

Nayutaでは実装力を重視していますので、githubのアカウントを連絡していただいています。企業でのクローズドな開発が主で実装力は高いがgithub上には公開していない方はmeetingにて技術経験等のお話をしています。
開発リーダーになれる方から、プログラムの自信はあるがBitcoin関連の経験は薄い若手まで募集しています。英語力が高いと非常に嬉しいです。

(3) エンタープライズ系開発
こちらは今の所、内容詳細は公開していませんが、EVM系のブロックチェーン関連開発が主になっています。
こちらもgithubアカウントを連絡していただいています。
Lightning開発と同様に、開発リーダーになれる方から、プログラムの自信はあるがblockchain関連の経験は薄い若手まで募集しています。

この文章を読んで、「これは自分のことだ!」と思われた方は是非下記のフォームからご連絡ください。「興味はあるんだけど自分と合うかどうか話してみないと分からないな」という方もその旨書いて下記からご連絡いただけると嬉しいです。

--

--