ついに現代の馬の鞍 HHKB BTとBIRD電子謹製キーボードケースを手に入れた!仕事ができるようになった気がします

今更ですが、PFUさんのHHKB(HappyHackingKeyboard)のBluetoothモデルが出たので買いまして。
 と言っても少し持て余してる感もあり、まだまだ使いこなせてません。

しかしカッコいいです。

馬の鞍を手に入れるということ

キーボードなんて結局打てればいいので安いものでもいいので、そこに数万円払う価値があるかどうかは本当に価値観の世界です。

dscf3014

Happy Hacking Keyboard は、東京大学名誉教授 和田英一先生とPFU研究所との共同研究によって生まれた、正統派ハッカー待望のキーボードでPFUさんのサイトには和田先生の特設ページまであります。

アメリカ西部のカウボーイたちは、馬が死ぬと馬はそこに残していくが、どんなに砂漠を歩こうとも、鞍は自分で担いで往く。馬は消耗品であり、鞍は自分の体に馴染んだインタフェースだからだ。
 いまやパソコンは消耗品であり、キーボードは大切な、生涯使えるインタフェースであることを忘れてはいけない。
 [東京大学 和田英一 名誉教授の談話]

確かに色々なMacを使っていて買い換えても、キーボードだけはこれから先もずっと使えます。
 毎日毎日朝から夜までキーボードを打っているので、いいキーボードを使う費用対効果はとても高いと思います。

そして。。。

HHKB Bluetooth 日本語配列を

ということでいよいよBluetoothにも対応してiPadでも使えるようになったので、憧れのHHKB BTモデルを買わない理由がなくなりました。

英語配列買おうと思ったのですが、矢印キーがなくなるのがやっぱり不便で日本語配列にしました。

Happy Hacking Keyboard Professional BT 日本語配列/墨 PD-KB620B

Happy Hacking Keyboard Professional BT 日本語配列/墨 PD-KB620B

posted with amazlet at 16.09.25

PFU

Amazon.co.jpで詳細を見る

そして持ち運びにケースが。。。

慣れてくるとmacのフラットなキーボードもいいけど、それ以上に軽く打てるHHKBが手放せなくなってきます。
 普段東京で仕事をしていて、毎月2〜3回くらい愛知に出張に行くのですが、長い時には持ち運びたいと思ってきます。
 ってことでバード電子さんのキーボードトランクをGETしました。

バード電子 キーボードトランク PZ-KBHD-HHK

バード電子 キーボードトランク PZ-KBHD-HHK

posted with amazlet at 16.09.25

バード電子

Amazon.co.jpで詳細を見る

もう単純にかっこいい

ハードケースはすごくしっかりしていて、業務用の雰囲気漂う硬派なカッコよさです。個人的にバード電子好きなのでこの白いロゴもグッときます。

dscf3010

とってもどれだけでも長距離を移動できるのではないかというしっかりした作りで重量物でもないキーボードを持ち歩くには完全にオーバースペックです。

でもこのオーバースペック感がたまりません。

dscf3011

緩衝材もきっちり入っていて、BTモデル発売以前のものはここにUSBケーブルが収まる場所があります。

dscf3012

うん。佇まいがとてもいいです。

実用性もあるけど何より仕事机が引き締まります。男子的好みです。

dscf3013

生活にも仕事にも何かちょっとの余裕があるとないとでは違います。

きっとこのキーボードケースは僕の中で実用性でなく心の余裕を生み、満足感でお腹がいっぱいです。
 でもちゃんと出張の持ち運びに使います。
 I Love バード電子!


Originally published at 東京ノマド営業所.

Show your support

Clapping shows how much you appreciated KENJI HORIE’s story.