レベニューシェアはだいたい開発元が損をする

製品開発やサービス開発を一緒にやりませんか、レベニューシェアで、っていいますけど、正直いって開発会社にしかリスクがないです。多くは、売り上げがあがれば、利益をシェアしましょうっていうんですけど、売上が上がることもなければ、還元もないし、開発会社が完全に作り損です。せめて売り先の数件くらいは、窓口を担当する言い出しっぺが決めておいて欲しいなと。

製品やサービスを作るにはリスクテイクすることが大切。しかもそれが確実に成功するわけでもない、一発目からヒットコンテンツは作れません。成功している会社は、成功している部分が見えているだけで、たくさんの失敗があったのだと思いたいし、そうだと思う。

レベニューシェアでやるなら相手を儲けさせてやるというくらいの気持ちがないと、一緒にはできないのだろう。

「このシステム構築でサービスが上手くいったらパートナーとして次は好条件で出すから、最初は安く作ってよ」ていう発注者も、その後、好条件が出てきたことはないし、どちらかというとさらに損をさせられてしまう。

システム会社はおそらく全体的に売るという行為が得意ではないけど、広告費をかけたら注文が入るとか、レベニューシェアとか、おいしいように見えるような、そんな話に簡単に乗せられないでほしい。リスクを負わない人たちに貴重な開発力を奪われないでほしい。

Like what you read? Give Kenji Sumida a round of applause.

From a quick cheer to a standing ovation, clap to show how much you enjoyed this story.