下請けシステム会社に変化は起きるのかどうなのか

世の中に価値を生み出したい。そんな思いでサービスやアプリをリリースしてます。売れないから価値になってないから、まぁ無駄に見えるんだけども、ITや通信のプラットホームに掛かっている、ということが大切。技術力が高いからどうとかという話ではなくて、もちろん技術力が必要な仕事もたくさんある。

よく自社の製品やらサービスやら作れていいね、って言われます。なぜ御社はできないのですか?と聞くと社員にヤル気がない、発想がない、というのが多くの答えで、実はそれを伝える役目の人がいないだけのような気がします。それはリーダーである方々の努力なんでしょう。そもそもお金なんか全然いっぱいある中堅システム会社は多くて、大手企業の下請けをしているんだから安定しているし、定期的な収入も視野に入れることができる。いや、おそらく安定しているから発想できないできなのかもしれない。

だって本気のベンチャー企業て保身せず捨て身でやってんだから、しかもITという括りもない。そうしながらじょじょに世の中が変わっていってるんじゃないかな。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.