どんながんにIVC治療が有効でしょうか

がんの種類や進行度、患者さんの全身状態など、病気には個人差が大きいです。そのため効果を前もって予測することは困難です。PETスキャンの検査結果がひとつの参考になると思います。PETで集積が認められる腫瘍はIVCにも反応しやすいと考えられます。なお全身状態の悪い患者さんにはIVCを慎重に行う必要があります。このような患者さんでは心不全や腎不全などのリスクが高くなるからです。

Like what you read? Give kenshi.miyazawa a round of applause.

From a quick cheer to a standing ovation, clap to show how much you enjoyed this story.