高濃度ビタミンC点滴治療(IVC治療)について

高濃度ビタミンC治療は高用量のビタミンC(およそ15–100g程度、レモン750–5000個分)を静脈から点滴をする治療法です。

高濃度ビタミンC点滴を行う医師のクリニックでは、ガンやその他の疾患をお持ちの患者様に対して高濃度ビタミンC点滴療法〔以下IVC療法〕を行っています。

IVC治療のパイオニアである国際人体機能改善センターのリオルダン博士は以前よりビタミンCを静脈注射した場合のみに得られる抗ガン作用に着目していましたが、2005年にアメリカの国立がん研究所などのグループが、『ビタミンCは抗がん剤としての作用を持ちながら、正常細胞は全く傷つけない』と効果確認の発表をしました。

その情報を基に、近年、米国やカナダの代替療法クリニックにおいてこの治療は急激な広がりをみせました。

現在、アメリカでは約1万人のドクターが実践しています。最近はビタミンC製剤の消費量が生産量に追いつかなくなり、工場が増産体制を取っています。

この効果確認の発表は、1970年に当時のビタミンC研究の第一人者であった、ライナスポーリング博士による、「高濃度ビタミンCを末期がん患者に投与したら、劇的な寿命や生活レベルの改善がみられた」という論文を再評価したものといえます。

ビタミンCは多く摂るとほとんどは吸収されずに体外に出てしまうのですが、点滴の場合、直接体内に入るために経口摂取の数十倍の量が血管内に行きわたります。

高濃度のビタミンCは金属(鉄や銅など)と反応して活性酸素を発生します。正常な赤血球や正常な細胞は活性酸素を中和するカタラーゼなどを十分もっていますが、がん細胞にはそれがありません。

その結果、ビタミンCは正常な細胞はそのままにがん細胞だけを破壊することができます。

これを受けて、多くのアメリカを中心とする研究機関で、臨床治験がスタートしています。

その中でも中心的な存在が、カンザス大学メディカルセンター統合医療部です。ドリスコ教授はこのビタミンC治療の実質的な創始者H.リオルダン医師の教え子で、多くのビタミンC治療に関する論文を発表しています。

抗ガン作用の他にも、ビタミンCにはコラーゲン合成、抗ウイルス作用、免疫増殖作用をはじめとして多くの働きがありますが、静脈注射により経口摂取を上回る効果を得ることが期待されています。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.