再見 -Zai Jian-

高島賢太郎 演奏風景

旅人であり音楽家である高島賢太郎氏の演奏風景。タイトルは氏のファーストアルバム「再見」より

→ 高島賢太郎 1st 「再見」Sample Movie (youtube)

Translator : Mika Inoue (EN) / Ku Miko(zh-CN)


賢太郎氏は、喜楽器「ガンクドラム」(Gunk2mini)や、アサラトを中心として、ディジュリドゥやカリンバ、鼻笛や沖縄の三板などなど、世界各地の美しい響きのする楽器を巧みに奏でながら、旅を続けている。

彼が約2年間、周遊・在住した台湾にて、数日間、同行させてもらった演奏風景の記録。

Kentaro Takashima … traveler and musicain from Japan. The title … from his first Album “再見 -Zai Jian-” Kentaro is traveling with Gankdrum2mini, Asalato, Didgeridoo etc… which have very beautiful sounds from all over the world.

This is a record which I accompanied him for few days in Taiwan where he stayed for about 2 years.

高島賢太郎,是一位來自日本的旅行者,也是音樂家。

他第一張的音樂CD專輯封面標題是-再見-

賢太郎巧妙熟練地演奏著來自世界各地、擁有非常美妙音聲的忘憂鼓(天鼓)、阿莎拉托、迪吉里杜管、姆指琴、鼻笛、來自沖繩的三板…等樂器旅行著。

這邊是我與待在台灣兩年的他,同行台灣這幾天的紀錄。


恒春

Hengchun

賢太郎氏に出会ってから、屋外での演奏を見るは初めて。

様々な人が音に足を止め、演奏だけでなく、賢太郎氏本人にも興味を持っていく光景をみていると、氏にとって「日常」でもあるBusking(所謂、路上での投げ銭ライブ)は、単なる収入源ではなく、人と人との繋がりの基点なのだと感じる。

It’s my first time to see Kentaro’s performance on the road since I met him.

I saw all sorts of people just stopped not only to listen his music, but also to be interested in him. I think “Busking” which is daily life for him is not only source of income, but also basic point of connection between people.

這是自從我遇到他,第一次看賢太郎在街頭的表演。

我看到各種人不只停下來聽他的音樂,也對他本人感興趣。我認為”街頭表演”對他來說是一種日常生活,不只是收入的來源,也是與人連結的基本

海角7号ロケ地前 カフェにてバスキング Busking at the filming location of “Cape No.7” 在”海角七號”拍攝地點的街頭表演
街の喧騒の中でもガンクドラムの音色は遠く響き、人を集め、やがては賢太郎氏本人に興味をもつ。 The timbre of Gankdrum2mini resounded even in bustle of the town, it gathered people, and they were soon interested in Kentaro. 忘憂鼓悠遠的音色繚繞在喧囂的鎮上, 它聚集了人們,他們也很快的對賢太郎感興趣。
「あれ、なんだろ?」と遠巻きに見てる人も。 There were people who glanced him at a distance…”What is that?” 有人們在遠處一瞥…” 那是什麼?”
日暮れとともに演奏終了。辛苦了(シンクーラー =おつかれさま)! His performance had been done at the same time of sunset. Good job!! 日落的同時,他的表演結束了。辛苦了!

内埔

Neipu

賢太郎氏の演奏会は、台湾の様々な場所で行われている。

その開催経緯がとても面白く、外での演奏を聴いた人や、演奏会に来た人がfacebookなどにアップすると「この人知ってる!◯◯で演奏してるの見た!」となり「うちにも是非!」ということが頻繁に起こるそうだ。

まず人から人へと音が伝わって、場所から場所へと賢太郎氏が音を届ける。(しかも移動は、ほとんどヒッチハイク!)

言葉の伝わらない場所で、そんな「リレー」が、ダイレクトに行われ、続いている。

Kentaro’s performance has held various places in Taiwan. The background story is really interesting because people who listened his music uploaded photos on SNS, then their friend or even not friend said “ I saw him before!”, “ I want him to come here and play music!!”, they just invited him.

It happens frequently. The sound spread from people to people, and then Kentaro delivers his sound to the next place. Moreover transportation is hitchhiking most of the time.

This “Relay” continues here, it doesn’t matter whether they can speak Chinese or not.

賢太郎的表演在台灣好幾個地方舉辦過。背後的故事真的很有趣,因為聽過他音樂的人,把照片上傳到社會網絡服務網頁,然後他們的朋友,甚至是不認識的朋友會說:「我之前看過他!」、「我想要他來這裡表演!」他們就邀請他了。

這時常發生。樂音在人們間散播,然後賢太郎會把音樂傳遞到下一個地方。此外,大多數是以搭便車的方式作為交通工具。

這種”接力” 延續到這裡,他們是否會說中文已不是那麼重要。

店主の趣味が光るお茶屋さんでの演奏会。満員です。 The owner has good taste in this tea shop. Full of people in Kentaro’s show. 這裡的茶店主人擁有很好的品味。在這次賢太郎的演奏會,滿場。
お店の老闆娘(ラオバンニャン =女店主)も聞き惚れる。 The owner was deeply absorbed in his music. 店女主人深深的沉浸在他的音樂中。
文字通り「老若男女」が楽しんでいる。このおばあちゃんは演奏後すぐ、息子らしき人に「財布出して!」と賞賛していた。 People of all ages and both sexes enjoyed his music. This lady admired his show because she told her son “Give him money!!” . 各種年齡和性別的人們都享受著他的音樂。這位婦女很欣賞他的演出,因為她對她的兒子說:” 投錢給他。”
演奏会に来ていたお客さんとごはん。ここでまた繋がりが深まっていく。 Having dinner with the guests. Relationship is getting deeply… 和來參加演奏會的客人一起吃晚餐。情誼與連繫不斷加深。

興南村真如院

shinnyo-en

賢太郎氏の演奏会は、突発的に始まることもある。

この日は、前日泊めてもらったお寺へ、お礼の演奏が始まった。普段は、聞かせる側であろう和尚さんやお坊さんが、真剣に、そして楽しそうに聞き入る。

氏の奏でるガンクドラム (Gunk2mini)の音は、不思議な音色と響きを持ち、主義や好み、趣味を超えて、本当に様々な人を惹きつけるようだ。

Kentaro’s performance could suddenly start sometimes.

He played music to the Buddist priest and monks as a token of his gratitude. The buddist priest and monks usually speaker side, but this day, they just listened his music happily and earnestly.

The Gankdrum which he plays has mysterious tone and ring, this can attract all sorts of people, irrespective of principle, liking and religion.

賢太郎的表演,有時候可以突然開始。他在寺院演奏音樂給住持法師與僧人們聽,以作為他的感激之意。住持和僧人們通常都在一旁忙,今天,他們則是喜悅地,真切地聆聽他的音樂。

他所演奏的忘憂鼓(天鼓)擁有神秘的音調與樂音,這通常會吸引各式各樣的人、無論本身是持有何種興趣、喜好或宗教信仰。

寺社内の一室にて。at a room in the temple. 在寺宇的一個房間
夢かな?と思うほどの光景 Scene like a dream 看起來很像一場夢境
悟っちゃうよ!!You might be awakened!! 你可能會被喚醒!

台南

Tainan

賢太郎氏は台湾の自宅にいるとき以外は、様々なゲストハウスを周り、各地で演奏をして暮らしている。以前、そんな賢太郎氏の生き方を、氏の友人が「win-winだね」と言い表していたことに深く納得してしまった。

「流し」「行脚僧」「渡り鳥」などなど、一括りのための呼び名は様々だが、つまり「行雲流水」を体現したような人だろう。(もちろん演奏の腕前はプロフェッショナルだ)

常に音とともにあり、無理をせず、また争いを好まず、そして芯をもって毅然と生きている。そんな姿に人は惹かれ、また氏の旅も続くのだ。

Kentaro goes around Taiwan and visits some guesthouse and plays music there when he is not in his home. I was satisfied what his friend said before “His life style is WIN-WIN”.

There is a proverb in Japan “Kou un ryu sui”. It means … serenity of mind becoming a person who is identified with the clouds in the sky and the stream below. I think Kentaro epitomizes this. Living resolute and steady with music, not overdo, avoiding conflict.

People are attracted this his style, and his travel is continued.

賢太郎在台灣環島,當他不在家時,會去探訪一些客人的家,並在那演奏音樂。我很滿意他朋友之前說的,他的生活方式是雙贏的。

在日本有一句成語:”行雲流水”…它指的是一個人的行為像天空的雲與流水般呈現出心靈寧靜的狀態。我認為,賢太郎體現了這一點。堅毅、穩定踏實的生活著,伴隨音樂,不會過頭,避免與自身的信念衝突。人們被他的生活方式吸引著,然而他的旅程仍在繼續。

WOW TAINANにて
ここで演奏を見た人が、いずれどこかでつながる。そんなことがたくさん起きている。 People could have connection with them someday somewhere. It happens many times. 人們會在某些地方,某些時間連結。這發生很多次了。
右の方は、そんな繋がりの友人のひとり「花ちゃん」。朗らかで一緒にいて本当に楽しい人だった。 He is one of them, Hana chan(right side). He is cheerful. I really enjoyed with him. 他是其中一位-Hana Chan(右邊這位)。他是個和藹開朗的人,我很享受跟他相處的時光。

後記

Postscript

賢太郎氏の旅には、楽器とともに欠かせない大切な存在として、井上美佳氏の存在があった。

日本語、英語、中国語を使って通訳・交渉をこなし、聡明で料理上手な彼女が賢太郎氏を力強くサポートしている。(本記事の英訳も彼女によるもの)

彼女もまた旅人であり、慈愛に満ちた彼女の周りにも、多くの人が集まる光景をよく見かけた。

Postscript There is a girl who called Mika. She is indispensable same as instruments for him. She who can speak English and bit Chinese, sensible and can cook very well supports him strongly.

She is also traveler. I saw many people gathered around her who is gracious.

有一位女孩叫Mika(米卡)。她在這旅程中,是位不可或缺的人物,就像樂器之於賢太郎一樣。她會日文,英文和一點中文,明理懂事又會烹飪,堅強的支持他。她也是位旅人。我看到很多人圍繞著親切的她。

賢太郎氏が演奏で人を集めている500mくらい隣。美佳氏が旅の話で、台湾の学生を惹きつけている。本当に可笑しな二人だと思った。This place is just 500m far from where Kentaro plays music. Mika attracted Taiwanese students with her story. I think Kentaro&Mika are really unusual. 這個地方離賢太郎表演音樂的地方只有500公尺遠。米卡的故事吸引了台灣的學生。我覺得賢太郎和米卡真的很特別。
次はあなたの街にもくるかもね。 They might appear in your town next time… 他們可能下次會出現在你的城鎮…