プログラマーの視点

プログラマーってITの世界を作れるからすごいって思っていたんだけど、その代わりスーパーマンじゃないことがわかってきて、何も作れないってことが明らかになってきました。

SNSなんかでも、ユーザーを疲れさせたり、炎上させたり、そういうのはもう何十年も前からありますが、結局なくせないのはプログラマーが人間のことをわからないからです。

そして、同じようにプログラマーはビジネスことを知らない。

たぶん、これだけ色々な技術が乱立していると、一回整理する必要があって、なんでもかんでも作ればいいってもんでもないと思うんだけど、プログラマーって、何かをはじめたいと思うと作るところから始めてしまう。で、時間が浪費されて、結局何もできずに終わってしまう。

先日も、知り合いとそんな話をしたかったんだけど、その人は結局、これから何十ページもホームページをリニューアルしたいということらしいんです。うーん。今、ホームページなんだろうか。ぺらいちでさくっと作って、インスタでサクサクコンテンツをあげて、twitterでフォロワー集めて、作業はココナラで投げちゃう、っていうこの世の中で、ホームページ。渡辺直美さんの方がよっぽど世界を作ってるし。プログラマーじゃないのに、すごい。リスペクトします。

でも、googleとかの、10倍の仕事をするっていう、質より量みたいな考え方にもいえると思うけど、人間がAIと違ってやるべきだと思われる、戦略の立案が圧倒的にできない。なので、世界を作れるのに作れない。

Naomi Watanabe is greater than google or apple in our world.