時には情念に任せて

たまに文章を無性に書きたくなるときがある。うん、ウソだ。そんなに書きたい気持ちになるんだったら、多分今頃もっとこのブログで記事を書いているだろうし、何よりこんな無駄な前置きをするでもなく書き始めているだろう、つまりは、一応のアピールなのだ。僕は、文章を書くのが、好きですよって。そんなわきゃないよ、ね。

なかなかに文章というやつのやっかいさを、今実感している私としては、さて書くかと書き始められる人の図太さというか、その芯にある動機なり何なりをちょっとばかし覗き見したい衝動にかられる、のだよ。その気持ちの源泉を見せやがれこの野郎と、思ってしまうのだよ。なんてったって、現在進行形で悩んでいるわけであるからして、喉から手が出るほど、欲しい、そういう、何がしかが。ないからねぇ、私には、ないって事になってるからね、私の中では。

でもま、覗き見が出来ない事に、一応の安堵もしているわけでして、そこのところはほら、恋する乙女チックな心理事象なわけですよ。分からない事が分かっているから知りたいなぁってクエスチョンを投げかけることが出来る、答えが無い問いを放り投げる快感ってやつさ、皆一緒に身もだえしようぜってやつさ。多分後者は的外れな気がする、なんとなくね。いやま、覗き見がね、もし出来ちゃったらば、慎重に相手を選ばないとえらいことになるといいますかね、わずかに芽生えた僕の執筆意欲が、潰えてしまいそうな、そんな予感があるのです。だってばさ、もしよ?仮に?覗き込んだ先に見えたものが、なんだかしょうもないものだったとしたらよ、なんだか自分も乗っているようなものだとしたらよ、分かっちゃうじゃないのさ、原因が、理由が、自分が何故書けていないのかって、そういう、現実を直視しちゃうじゃないのさ。それはよくないのだよ。もうちょっとだけ、もうしばらくの間は、架空敵といいますかね、すっぱいブドウを拝みながら、身勝手に身悶えていたいのさ。そんなお年頃。もうそのお年頃を続けて何年になるかってのは、駄目よ、聞かないでね。あーあー、僕も虚栄心をエンジンに走る暴走機関車の如き無軌道さが欲しいさね、欲しいのよ。半分くらい、コレは本当。その結果巻き起こるかもしれない、何も起こらないかもしれない何がしかに思いを馳せるくらいには、本当よ。誰かの熱気に当てられたわけじゃないけれど、こういう中身の無い文章をつらつら書いてみてしまうくらいには、本当なのよこの気持ち。さて、勢いに任せて書いては見たものの、やっぱり中身がすっかすかだね、なんてったって、あああいつは書けるんだな羨ましいなって、それだけで済む内容をこうもだらだらと引き延ばしたんだから、まあ当然かね、妥当だね。でも、練習にはなったんじゃないかなって思うのよ、何の練習になったかは、まあその、ほら、ね。こういう、はぐらかし方の練習、かな?